駒井家住宅(京都の文化財特別公開)

この駒井家住宅は以前に「旧駒井邸」として「京都レトロ」でも紹介しましたが、当時は庭木に覆われていて建物の全体像が見ることができず、樹木の間から部分的に撮った写真でしか紹介出来ていませんでした。

この夏(2011年)、京都の文化財特別公開のPRで駒井家住宅の名を見つけ訪れてみましたが、今までも一般公開が毎週の金・土曜日(冬季・夏季は長期休館あり)に行われていたことを初めて知りました。
駒井家住宅は、大正末から昭和初期に形成された京都市左京区北白川の閑静な住宅街にあります。京都帝国大学理学部教授であった駒井卓博士の住居として、昭和2(1927)年に建てられました。設計はヴォーリズ建築事務所によるものです。桜並木のある白川疎水に面し、約30メートル四方のの敷地の西よりに建てられ、比叡山が一望できる東に庭を広く設けています。主棟は約30坪、木造2階建てで、その北側に5坪程の付属屋と書生部屋として使われていた約10坪の離れ、温室を有しています。
外観は当時アメリカで流行していたアメリカン・スパニッシュ様式を基調とした意匠になっています。屋根は切妻屋根の赤色桟瓦葺で、外壁面はモルタルスタッコ仕上げになっています。
内部は1階に玄関ホール、居間、食堂、6畳和室を配し、2階に寝室、書斎等を設けており、洋風住宅プランの一角に和室を加えた折衷的な間取りとなっています。

玄関前にテントが張られ、そこが受付になっていますが、入館は、建物の南側を通って裏側からどうぞ!との事。なんでも、玄関があまり広くなく、大勢の見学者に対処できないため、テラスからの入館としたそうです。
ここで、駒井卓博士を紹介しておきます。
駒井卓氏(1886〜1972)は、兵庫県姫路市に生まれ、姫路中学校から東京高等師範学校に進学、明治41(1908)年に卒業後、東京帝国大学理学部動物学選科に入学する。大正6(1917)年に修了後、大正10(1921)年に京都帝国大学に転じ、大正12(1923)年より2年間米国のコロンビア大学へ留学し、ショウジョウバエの研究をおこないました。帰国後が、わが国において新しい遺伝学を発展させました。日本遺伝学会長(1927〜1928)、東京大学教授(1928〜1932)、京都大学理学部長(1944〜1945)などを歴任し、動物分類学、動物遺伝学に大きな功績を残し、また、昭和天皇に生物学を教授された学者としても知られています。
南面は1階の3連続アーチ窓がすばらしい。 東側から見た駒井家住宅。
ヴォーリズ煙突がよく目立ちます。
居間の照明器具(波に千鳥) 腰掛付きの出窓
1階サンルームのアーチ窓
ホールの階段は実用性を重視したデザインでありながら、その柔らかい曲線は造形的にも優れた表現に達しています。
その階段の横にあるステンドグラスは下から見るかぎり、全体的に少し黄色がかった色合いですが、上から見下ろすと青っぽい色や赤色が混じった見事なグラデーションを見せてくれます。特に夕日が差し込むと、とても綺麗な色に変るそうですので、どうやらガラス面がプリズム状の突起で出来ているようです。
2階のサンルーム 2階サンルームからは大文字が望めます
2階トイレの窓は外観の重要な役割を 庭には温室もあります↑
担っています↓ ユニークな勝手口↓
この建物は昭和初期の洋風住宅として質が高く、また建築当初の状態がよく保たれていますし、米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが円熟期にさしかかった時代の住宅建築で、昭和初期における代表的な作品といえることから、平成10(1998)年3月、当住宅は歴史的、文化的価値が高い建造物として、京都市の文化財に指定されました。平成14(2002)年に、この建物の所有者である駒井喜雄氏とその家族が、「この建物と景観、ならびに駒井卓氏の実績を未来に伝えたい」との思いから、この建物および土地を財団法人日本ナショナルトラストに寄贈されました。(日本ナショナルトラストは、国民的財産である貴重な自然環境や、かけがいのない文化財・歴史的環境を保全し、利用活用しながら後世に継承していくことを目的に、1968年に設立された団体で、市民参加による保護対象の取得、修復、整備、公開などの保護活動を積極的に行っておられます。)
駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)
所在地 京都市左京区北白川伊織町64
TEL 075-724-3115 (公開日のみ)
公開日 毎週金曜日・土曜日(10:00〜16:00)
(ただし7月第3週から9月第1週・12月第3週から2月末までは、原則として休館)
入館料 大人500円 中高生200円
アクセス
鉄道 叡山鉄道「茶山」駅下車徒歩7分
市バス B上終町行「伊織町」下車徒歩2分
D岩倉行「上終町京都造形芸大前」下車徒歩4分
204番 錦林車庫行「伊織町」下車徒歩2分
駐車場なし、公共交通機関を利用のこと
注、2011年は「京都文化財特別公開」と銘打って9月30日まで公開中です。(入館料600円)

メニューへ戻る