京都:清水寺の紅葉

メニューに戻る
写真クリックで大きい写真を表示します
本堂と舞台(国宝)―寛永10年(1633)に再建されたもので、正面36m、側面30m、棟高18mの大堂で、堂内には巨大な丸柱の列が並ぶ。
そして錦雲渓の急崖に約190u、総桧板張りの「舞台」を張り出し、最高12m強の巨大な「けやき」の柱を立て並べて支えている。
この舞台は舞楽などを奉納する正真正銘の「舞台」で、両袖の翼廊は楽舎であり、舞台からの眺望は絶景である。
本堂・東出入口付近にて
奥の院(重要文化財)

本堂と同期の寛永10年(1633)に再建され、本堂同様に舞台造りになり、「奥の千手堂」とも呼ばれ、桧皮葺き屋根は美しい反曲線を描く。
「奥の院」の舞台からは、錦雲渓の紅葉越しに京都市街の景観が望まれます。
錦雲渓ます。
奥の院から子安の塔に向かう途中で振り返ると、三重の塔が目に留まります。
子安の塔から錦雲渓の中道を下ると、本堂・舞台を支える「けやき」の列柱を見ることができます。
北総門付近にて
最後に、紅葉の中に佇む三重の塔を眺めて、清水寺を後にしました。
撮影 2008年11月26日.26  

メニューに戻る