清水寺の桜&夜間特別拝観

2016年4月4日、久しぶりに春の清水寺を訪れました、平日だというのに大変な人出です。最近は外国人観光客が京都の観光地に押しかけているそうで、本日は特に中国人観光客が多かったようです。


一通り桜を見て回りましたが、この日は「夜間特別拝観」という催しが行われていましたので、そちらも見てみることにしました。
  
「夜間特別拝観」は2016年3月26日から4月10日迄行われているもので。昼間の拝観は17:30で打ち切り、境内にいる人達を全て外に出し、夜間拝観の準備が出来次第、夜間拝観を開始する・・・というものです。
17:00位から夜間拝観の準備が仁王門の前で行われています。普段出入りできる所にはバリケード?が張られ、警備員が立入を見張っています。夜の特別拝観切符は仁王門に向かって左側の白いテント内で購入することになります。

そのための行列が参道の五条坂にぎっしり埋まっています。この列とは別に「団体客」が別の列を作って待機していますので、夜間拝観が始まると、一気に観光客が境内になだれ込む事になります。その辺りのことは寺側も心得ておられるのか、切符の販売窓口をあまり増やさずにしてコントロールしているようです。
ところで、私は事前に切符販売場所を聞いており、前から5番目くらいにいましたので、早々に切符を購入できましたが、まだ周りは明るく人も多いことから、あまり急がずに清水の舞台に向かいました。舞台の上は人・人・人でごった返していますしたし、舞台の横で京都タワーを望む通路は写真を撮る人々で詰まってしまい、通行不可能の状態でした。関係者が整理にあたっていましたが、日本語が分からない中国人が相手では、どうしょうもない事態となっていました。とりあえず、ここでの写真は諦めて一度下に下り、時を見計らって再度舞台に立った時は19:15頃で、かなり空いていましたが、例の撮影場所は「ここぞ」という所は、なかなか立ち退いてくれません。そんな状況下で撮った写真ですが、下にスライドショーとしましたので、よろしければご覧ください。
 

清水寺・夜間特別拝観
期間 2016年3月26日〜4月10日まで
時間 18:00〜21:00)
拝観料 大人 400円 小中学生 200円

メニューに戻る