北野天満宮の梅2016

2016年2月4日

北野天満宮で、早くも早咲き種の梅が咲き出している、との報で出かけてみました。

なるほど、鳥居には「梅苑公開」の垂れ幕がかかっております。
梅苑入口から700円支払って入苑しましたが、まだあまり咲いていません。
神社側の発表では、「早咲き種は満開、全体的には咲き始め」、とのことです。
梅苑の奥に進むと、「史蹟・豊太閤築造・御土居」と記された案内版がありました。それによりますと、「天正十七年(1590)皇太后皇居を造営し、ついで京洛の区域を定め、その境界・並・水防のため天正十九年、諸侯に命じて京都の四周に築造した大土堤の一部なり」と記されています。

石段を下りてみると、小さな石を積んだ堀のような構造物が延々と続いています。(赤い橋は近年かけられたものです)
御土居の両側にはモミジが植えられているようで、梅の花は確認できませんでしたが、石段を下りた辺りでは少しですが梅花が見られました。←・↓
(2016年2月4日現在)
梅苑を出て楼門に向かいます。

左側に工事囲い塀が見えますが、現在、梅苑を新しくする工事が行われており、梅苑の一部が工事中です。この工事の完成は平成30年の予定だそうで、全く新しい梅苑に生まれ変わるそうです。
楼門を入った右側の宝物殿横の梅はけっこう咲いています。
宝物殿のひさしの彫刻と白梅が美を競っています。
楼門から延びる通路脇の紅梅もけっこう咲いています。↓・↑
本殿の入口である三光門(重要文化財)傍の白梅も、そこそこ咲いています。
絵馬掛所付近の赤い鳥居群と白梅
地主社付近の紅梅
本殿付近の紅梅
訪問日 2016年2月4日
北野天満宮・梅苑
所在地 京都市上京区馬喰町
TEL 075-461-0005
梅園公開 例年2月初旬〜3月下旬
開苑時間 10:00〜16:00
入苑料 大人700円/こども350円(茶菓子付)
アクセス

電車
京福電車・白梅町駅より徒歩約5分
JR・円町駅より徒歩約25分
アクセス

バス
JR京都駅より市バス50・101系統
阪急大宮駅より市バス55系統
京阪三条駅より市バス10系統
JR円町駅より203系統
いずれも「北野天満宮前」下車すぐ
メニューに戻る