京都:北野天満宮の紅葉

2016年11月21日(月)

観梅で有名な北野天満宮ですが、秋には紅葉に合わせて「もみじ苑」を公開することを知り、紅葉の見頃時期を待っていましたが、11月18日(金)に見頃になったとの情報を得て、混雑する土・日曜を避けて本日訪れてみました。
別離の庭 地主神社の後ろはイチョウの紅葉です
史跡・御土居のもみじ苑

 境内西側に広がる史跡御土居は、天正十九年(1591)豊臣秀吉が洛中洛外の境界として、また水防のため築いた土塁のことです。
 現在もかっての自然林が残存し、四季折々の美しさを感じることができます。
 なかでも、秋の紅葉は菅公がこよなく愛でられた梅と同様にご縁のある樹木で、御土居一帯におよそ300本ある。
樹齢350年から400年に及ぶ古木の姿を残し、菅公の御神徳を偲ぶがごとく鮮やかに季節を彩ります。

             北野天満宮のパンフレットより
では御土居の様子を1⃣の展望所からスライドショーでどうぞ
北野天満宮・もみじ苑
所在地 京都市上京区馬喰町
TEL 075-461-0005
もみじ苑公開 2016年10月25日~12月4日
開苑時間 09:00~16:00
入苑料 大人700円/こども350円(茶菓子付)
アクセス

電車
京福電車・白梅町駅より徒歩約5分
JR・円町駅より徒歩約25分
アクセス

バス
JR京都駅より市バス50・101系統
阪急大宮駅より市バス55系統
京阪三条駅より市バス10系統
JR円町駅より203系統
いずれも「北野天満宮前」下車すぐ
メニューに戻る