岸和田を行く
 
大阪府の南部に位置する岸和田市は、「岸和田だんじり」でよく知られていますが、「だんじり」以外でも見所は沢山存在します。
今までに、レトロ建物を撮るために何度か訪れましたが、その時に撮った他の場所を含めて、岸和田の名所・史跡などを紹介させていただきます。

 南海電鉄・南海本線・岸和田駅舎

正面のステンドグラス風の装飾窓が美しい。↓
 武家屋敷

江戸時代、現在の岸城町一帯は上級家臣団の住宅地であった。岸和田5万3千石の城下町を偲ばせる武家屋敷が見られます。(内部非公開)
 自泉会館

関西建築界の草分け的存在・渡辺節の設計によるスパニッシュスタイルの建築物。岸和田紡績の創業者、寺田甚与茂の偉業を記念して、昭和7(1932)年に「倶楽部・自泉館」として建てられたもの。現在は岸和田市民のギャラリー・ミニコンサートホールとして利用されている。
 岸城神社(きしきじんじゃ)

創建は正平17(1362)年。のちの慶長年間、小出秀政が天守閣を築いた時に八幡大神を合祀し、この神社を岸和田城の鎮守神とするようになった。岸和田祭には「だんじり」が宮入りする。
 岸和田城(千亀利城)  いつ、誰が建てたのかは定かでないそうだが、戦国時代(16世紀中頃)には、当時泉州地方を治めた松浦氏の居城として現れる。慶長2(1597)年には、秀吉の叔父・小出秀政によって天守閣のある近世城郭として整備されました。豊臣氏滅亡後は松平氏二代を経て、寛永17(1640)年に摂津高槻から岡部宣勝が入城し、以後、明治維新まで岡部氏が13代(230年間)にわたって岸和田を治めました。この間、文政10(1827)年、落雷によって天守閣は焼失し、以後長らく再建されませんでしたが、昭和29(1954)年に鉄筋コンクリート造りで三層の天守閣が再建され、また昭和44(1969)年には城癖と櫓が再建されました。 岸和田城HP
岸和田城・八陣の庭

この庭は庭園設計の第一人者、重森三玲氏によって設計・監督されたもので、室町以前の城郭平面図をもとに地取し、所々に諸葛孔明の八陣法をテーマに大将を中心に天・地・雲・風・龍・虎・鳥・蛇の各陣を配したもので、和歌山県沖の島産の緑泥片岩を用いた石組みを京都白川産の白砂で囲み、これに砂紋を描いて海中の蓬莱を表現したものだそうです。
 きしわだ自然資料館

身近な自然から、環境問題までを楽しみながら学ぶことが出来る資料館。館内には、和泉葛城山のブナ林のジオラマ、市街地に生きる動植物の標本、映像ライブラリーなどの数多くの自然に関する資料を展示している。            きしわだ自然資料館HP
 成協信用組合岸和田支店(旧四十三銀行)

大正8(1919)年に建てられたこの建物は、赤いレンガと花こう岩のツートンカラーのきれいな建物である。広い内部には柱が一本もないつり天井構造になっているそうだ。
 紀州街道

大阪高麗橋を起点に住吉・堺・岸和田を経て和歌山に至る当時の幹線道。江戸時代、紀州徳川家や岡部家の参勤交代のために整備された道路。この道路沿いには、今も古い建物が数多く残り、昔の面影を残しています。
 まちづくりの館

昔ながらの民家や商家が並ぶ紀州街道に、平成9(1997)年に開館。現地住民の集会施設や観光客の休憩所として利用されている。ここでは市内の観光物産の案内やお茶の無料サービスが受けられる。
 一里塚弁財天

一里塚とは、江戸日本橋を中心として全国の主だった街路沿いに、一里(約3.9km)ごとに設けられた路程標である。この弁財天は萬冶・寛文(1658〜73)の頃から祀られるようになったそうです。
 岸和田だんじり会館

だんじり祭の魅力を一堂に集めた博物館。館内には、現存する岸和田最古のだんじりをはじめとする豊富な資料の展示、祭の情景を大迫力でみせる大型マルチビジョン、だんじりに乗っている気分が味わえる3Dシステムなどがあり、岸和田だんじり祭の雰囲気を一年中いつでも体験できるそうです。 だんじり会館HP
 天性寺蛸地蔵

天正年間(1573〜86)年、岸和田城は根来・雑賀衆に攻められ、落城寸前であった。その時、大蛸に乗った一人の法師と数千の蛸tがどこからとも現れ、凄まじい勢いで敵兵をなぎ倒し、城の危機を救った。その数日後、城の堀から発見された矢傷・玉傷を負った地蔵が発見され、後にこの寺の地蔵堂に祀られ現在に至る。写真左側の石碑に「蛸地蔵物語」が記されています。
 三の丸神社

だんじり祭発祥の宮。今から約300年前の元禄時代、時の藩主・岡部長泰は、京都から伏見稲荷を城内の三の丸に勧請し、広く領民に参拝を許した。この時行われた稲荷祭がだんじり祭の始まりだと伝えられています。
 五風荘・庭園

旧岸和田城内の薬草園の跡地などに昭和4(1929)年から10ヵ年の歳月要し、造営された広壮な回遊式日本庭園。3000坪の敷地には日本建築の粋をこらした主屋と庭園を見渡せる三つの茶室がある。庭園の見学は自由。(岸和田市指定文化財)
五風荘・主屋

岸和田市指定文化財の建物であるが、近づいてみると内部で食事をとっている人達がいる? 表に回ってみて納得。和食で知られる「がんこ」が、この建物を「がんこ・五風荘店」として営業されています。リーズナブルな料理と文化財の建物内で食事が出来ることで人気なのか、順番待ちの人達でいっぱいでした。  がんこHP
 蛸地蔵駅舎

大正14(1925)年に建てられた南欧風の駅舎。南海本線では大正以前の駅舎は数棟しか残存しておらず、貴重な存在となっている。窓には、先に紹介した天性寺の「蛸地蔵物語」を描いたステンドグラスがはめこまれています。↓

岸和田城周辺の名所・史跡案内図

メニューに戻る