柏原(かいばら)の「木の根橋」

以前、女房から「きのねばし」って知ってる?と聞かれました。大阪人の癖で、一発目はとぼけた答えを出すつもりで、「木の根っこが橋になっているんやろ・・・・・」と答えると「その通りや、何で知ってるの」との返事。とぼけたつもりが見事当たってしまいましたが、何でもその日の朝にテレビで紹介されていたそうです。木の根が橋になってる?と聞くと、やはり一度は見てみたい・・・・という訳で出かけました。
 
2010年3月8日

JR大阪駅から丹波路快速に乗り、篠山口で福知山線に乗り換えて柏原駅までやってきました。駅を出てふと振り返って見る木造駅舎のユニークなこと。
帰宅後に調べて分かったのですが、この駅舎は、1990年4月1日から大阪の鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」会場で遊覧・移動のための交通手段として用いられたロープウェイ・「山の駅」駅舎が移築されたものだそうです。
 
柏原駅から徒歩5分位で「かいばら観光案内所」などがある区域に到着します。
その一角にそびえるのが樹高22m・幹周囲6mの「大けやき」である。樹齢1000年とも言われているこの木は、現在でも樹勢は極めて盛んだそうです。
 
そして、この「大けやき」の横に建つのが、丹波市役所柏原支所(旧柏原町役場)の建物です。昭和10(1935)年に建設された洋館だそうですが、平成18(2007)年に文化遺産として保存するために改修工事が行われたそうです。意匠が後世に引き継がれる事は良いのですが、こうも新築同様だと何か値打ちが下がったように感じられます。
 
さて、その「大けやき」ですが、根が役所側との間に流れる幅6mの「奥村川」をまたいで自然の橋を形づくっています。こんな「けやきの大樹」の奇形は珍しく、その形状から「木の根橋」と呼ばれ、柏原のシンボルとして親しまれているそうです。
 
対岸から見た木の根は、横の鉄筋コンクリート橋に並ぶように真直ぐ伸び、土手にたどり着いた所からすぐに地中にもぐり込んでいます。
 
本来の橋と木の根橋との関係は?と覗き込んでみると、完全に別々の橋として独立しています。むしろ新しい橋の方が遠慮して、木の根のコブに合わせて凹みが付けられています。

どうして、木の根がこんな伸び方をしたのか不思議ですが、昔は土橋という木の橋に土を盛った橋が存在したそうですので、その土中を根が伸びて対岸に届いたのではないかと推測されます。
 
「木の根橋」のすぐ傍に「織田神社」があります。
織田神社は前期柏原藩3代目の藩主織田信勝(のぶかつ)を祭神として、彼の死後旧居館跡に創建されたが、後に東奥大谷を経て現在地に移され、織田家の庇護と町衆の厚い信仰を受けるようになった。信勝は織田信長の弟信包(のぶかね) の孫で、寛永7(1630)年に藩主となり、新田開発や堤防の築造するなど善政を敷いたが、慶安3(1650)年に死去し、跡継ぎがなかったためお家断絶となった。
 
このあと、柏原の町を少しうろつきました。

「屋敷公民館」と記された敷地内の土蔵横で咲く紅梅を見つけ、思わずパチリ。
 
大手会館(旧氷上郡各町村組合立高等小学校校舎)丹波市指定文化財
明治18(1885)年に建設された建物。その後、氷上第一小学校、群立柏原病院となり明治41(1908)年から昭和23(1948)年まで柏原高等女学校校舎として使用された。木造2階建、寄棟造りの本棟は、屋根は瓦葺ながら外壁の下見板には白色系のオイルペンキが塗られ、バルコニーを支える太い6本の円柱や玄関扉上のステンドグラスを配した半円形の飾り窓に明治中期の洋風建築の成熟ぶりが感じられます。
 
柏原藩陣屋・表御殿の一部 文政3(1820)年の再建
 
太鼓やぐら

江戸時代に建てられた3階建てのやぐらです。最上階には「つつじ太鼓」という大太鼓があるそうで、時報や火事・大水などの警報・登城の合図・参勤交代で江戸から藩主が帰藩した時などに打ち鳴らされたそうです。(内部見学は不可)

その他、「柏原藩主織田家旧邸長屋門」や「田ステ女記念館」などの見所もあります。


        訪問日 2010年3月8日
 
木の根橋の所在地:兵庫県丹波市柏原町柏原1 地図表示  見物は年中可能
柏原観光案内所 TEL::0795-73-0303   営業時間:9時〜17時 年末年始は休

メニューに戻る