京都亀岡:ききょうの里

2008年6月30日、JR亀岡駅に降り立つ。立派な駅舎が完成していて驚いたが、昭和10(1935)年に建てられた旧駅舎が消失した事に関しては残念に思う。

旧駅舎 2004.6.2 撮影
南口バス停2番乗場から京阪京都交通バスで約30分、「猪倉」で下車。電柱の案内表示に従って歩くこと約3分で「ききょうの里」に到着する。
写真奥の大屋根が谷性寺(こくしょうじ)の本堂であり、ききょう園はその門前に広がっています。
この谷性寺は、明智光秀が丹波攻略の功績で織田信長から与えられた領地内にあって、光秀が深く信仰していた寺であり、光秀の家紋が桔梗だったことから、いつの頃からか寺の門前に桔梗が植えられるようになったそうです。
まだ花は少ないですが、桔梗はこれからが本番です。
こんな色合いの桔梗はよく見かけますが、ここには白やピンクの桔梗も咲いています。 
そして、珍しい八重咲きの桔梗もあります。(鉢植えです) 
さらにアップで迫ってみました。
沢ききょう:これから咲き揃います  撮影2008年6月30日
ききょうの里
所在地:京都府亀岡市宮前町猪倉土山
開設期間:2008年6月22日〜8月10日 AM 9.00〜PM 5.00

問い合わせ:JR亀岡駅観光案内所 TEL:0771-22-0691
交通:亀岡駅から2番乗場40系統・JR園部駅西口行き乗車
約30分の「猪倉」下車 徒歩約3分 亀岡駅発バス時刻表
車での行き方はこちら 駐車場あり
入園料:500円(中学生以上・小学生以下は無料)

メニューに戻る