奈良:喜光寺のハス

喜光寺(きこうじ)は奈良の都のほぼ中央にあたる「平城京右京三条三坊」に位置し、養老5年(721)行基菩薩によって創建された。
行基菩薩は、東大寺造営にあたり喜光寺の本堂を参考にされたという伝承から、この寺は大仏殿の「試みの堂」として知られています。
その本堂の横に目を向けると、鉢植えの蓮が所せましと並べられています。
境内の蓮は約90品種200鉢あり、6月下旬から8月上旬まで種々の蓮花が咲き競います。
普通、大きな池に咲く蓮花には近づけませんが、ここでは目の前でじっくりと鑑賞することができます。
←石仏群の目前で花開くハス。





2007年7月8日に開花していたハスを図鑑風にしてました。↓画像クリックで大きい写真(640×428)を表示します。
碧台蓮
法華蓮
桜蓮
月のうさぎ
暁風涼日
黄陽
小金鳳
精華
宝鏡寺
艶陽天
漢蓮
誠蓮
輪王蓮
爪紅茶碗蓮
妙蓮)
蜀紅蓮
案頭春
大酒錦
平山芙蓉
白雪
魚山紅蓮
輝光
丈炎之舞
常楽
睡美人

          法相宗別格本山 喜光寺 (行基さんの寺)

所在地:〒631-0842 奈良市菅原町508 地図
TEL:(0742)45-4630  拝観時間:9時〜16時30分 拝観料:300円
交通:近鉄尼ヶ辻駅より徒歩10分 近鉄西大寺駅より徒歩20分

メニューに戻る