京都貴船の川床料理

メニューへ戻る

ある日、JRの駅で「京の川床めぐり」のパンフレ
ットを見つけた女房が、家に持ち帰る。

貴船・高雄・鴨川の三つの中から選べるのだが
息子達とも相談の上、貴船の川床会席・夕食コ
ースに「行ってみようか」と話がまとまり、事前に
「JRみどりの窓口」にて申し込む。

料金は、JR京都駅からマイクロバスの送迎付き
で、一人11500円である。
2005年8月24日

台風接近が伝えられる中、JR京都駅で迎えの
バスを待つ。

雨が降ると、せっかくの川床での食事が、館内
に変更されるので、なんとか降らずに済んで欲
しい。

それにしても、なんと京都駅のばかでかいこと。
5時15分に京都劇場1階広場に集合との事だが
20分になっても、なんの案内も無い。
一寸不安になったが、ホテルグランビアの車寄
せの奥に止まるマイクロバスを発見し、安心し
た。しかし所定の時間には係員が来て、何らか
の対応をしてほしいものだ。

後で知った事だが、このバスは京都市内のホテ
ルを回り、あちこちで客を拾いながら運行する。
この時点で、すでに80%程の乗車率であった。
我々が乗り込んだあとも、2箇所で客を積み、結
局満席状態で川床に向かう。

道路が結構混んでいて、中々スムーズには走ら
ないが、50分程で貴船の「右源太」に到着する。
空を見上げると怪しげな雲が漂うが、雨は落ちて
こない、とにかく川床での食事ができそうである。
川面から50cm位の高さに設けられた川床では
すでに、沢山のお客さんが食事を始めている。
我々も床に案内され、所定の席に着く。

下を流れる川面から、ひんやりとした空気が漂
ってきて、半袖シャツ姿では一寸涼しすぎる位だ
程なく最初の料理が運ばれてきた。

先附
吸物

牡丹鱧・千枚冬瓜・順才・柚子
造り

鯛の洗い
我々の席の直ぐ傍には、このような小滝があり
水の流れ落ちる音と、どこからか聞こえる虫の
音に耳を傾けながら、食事がすすむ。
焼物

鮎姿焼・酢蓮根・山桃
冷鉢

絹巻そうめん・敷紙玉子・海老・椎茸・色三つ葉
喰い出し
揚物

甘子唐揚・小茄子・ヤングコーン・椎茸・姫アス
パラ・レモン・抹茶塩
台物

鴨ロースワイン蒸し・針野菜・粒マスタード
次々タイミングよく運ばれてくる料理を頂いてい
ると、ビールを一緒に飲んでいるせいか、この
辺りで結構お腹がいっぱいになってくる。
汲み上げ湯葉・おくらとろろ・キャビア。山葵
留椀 
赤だし・なめこ・葱。結び湯葉


食事
ちりめんご飯


香物
京漬物盛合せ
水物

メロン
何とか食べきったが、もう満腹である。
お天気もなんとか持ってくれたし、涼しかったし
もう云う事なし。

ということでマイクロバスでJR京都駅まで送って
いただき、終了です。

なお、このツアー?は9月30日まで実施、発売期
間は9月25日までだそうです。
メニューへ戻る