新梅田シティ・希望の壁

地上40階の「空中庭園」で知られる梅田スカイビルに外国人観光客が押し寄せているそうである。
今年は欧州やアジアから過去最高のペースで約15万人が来場。英紙タイムズが世界遺産のバルテノン神殿(ギリシャ)などと並び「世界を代表する20の建造物」と紹介し、外国人向け旅行ガイド本が「未来の凱旋門」と取上げたためである。

高さ173メートルに位置する空中庭園展望台は、屋上に吹く風を感じながら360度の景色が見渡せ、晴れた日には淡路島(兵庫県)まで見える。大ヒットしたTBS系ドラマ「半沢直樹」のロケにも使われた。

ガイドブックが、大阪の「おすすめ」と紹介しているこの建造物は、外国人にとっては「見晴らし」と「ビル自体の美しさ」が好評のようである。


(産経新聞2013/11/14日号より抜粋)
この「スカイビル」の北側には8000uの広大な空間が広がっている。ここに日本人の原風景である里山を都会のど真ん中に再現し、「小さな鎮守の森」・「棚田」・「池」・「水広場」・「菜園」・「花と蝶の庭」などを配した「里山」と呼ばれる緑地帯である。

「空中庭園」を訪れたあとには、この「地上の庭園」の散策もいかがでしょうか?
この「里山」内にある「カフェ」の壁面が緑で覆われています。


そして、うしろ(東側)を振り返ると、巨大な緑の壁が目に入ります。これが2013年11月5日に完成した「希望の壁」である。
これは建築家の安藤忠雄氏の発案で、積水ハウスが総工費4億円かけて完成させたもので、長さ約78b、高さ約9bという巨大なもので、ステンレスネットとプランターに、壁面を覆うつる性の植物やツツジ、コスモスなどが植えられ、開花時期が異なる花が四季折々に楽しめます。

(産経新聞 2013.11.6日号より抜粋)
街路樹と「希望の壁」との間の水路 水路・中央部
壁の中央下部は幅の広いトンネル状で反対側に出られます
新梅田シティ・希望の壁
所在地 大阪市北区大淀中1丁目1
電話 06-6440-3899
交通 JR大阪駅からグランフロント大阪の北端・西側にある地下道を歩いて約10分
見物 自由
メニューへ戻る