京都府立植物園のハス

全ての画像はクリックで大きな画像を表示(800×533)
2012年7月12日

京都府立植物園のハスは、どこで咲くのかを探りにでかけました。

まず最初に、あじさい園に向かいます。まだアジサイが咲いていますが、前の池には白蓮が少々・・・
花は少し前から咲いていた感じ 開花前の蕾中央のピンクがきれい
雨が降ったり止んだりの一日でした 紅蓮はこれからのようです
はす池

傘を差していても、雨が傘を通り抜けて体に降り注ぐという強烈な雨に打たれるなか、はす池の東屋に走り込みました。ここには白蓮が囲いの中で小さな群落を作っています。
白一色では何となく寂しい 蕾は、かすかにピンクがにじむ
はすの群落の奥で「アオサギ」が食事中です。静かに水面を注視しながら、獲物が近付くのを待っています。
植物園の北西部に「四季 彩(いろどり)の丘」というコーナーが出来ています(以前は宿根草・有用植物園)。ここは丘や小川、池や岩山など変化に富んだ自然環境を再現。世界中の宿根草、有用植物、水生植物等を集めて展示しており、この時期には珍しい「花はす」が見られます。
2012年7月10日(火)〜8月19日(日)にかけて「花はす」の展示が行われています。

人工の池に植えられた「花はす」は、まだ少ししか咲いていませんでした。
えんよう天 玉繍蓮(ぎょくしゅれん)
こちらは大鉢で育てられたハスで、背が高く大型の花が咲くものと思われます。
しかし開花はごく僅かでしたが、これから順次咲いてくるものと思われます。
オハイヨ 小舞妃
「四季 彩の丘」に接する通路には小鉢が沢山並びます。こちらもまだこれからかと思いますが、この日咲いていた珍しい「花ハス」を紹介します。
火炬(咲き始め) 火炬(終りかけ)
花火 重水花
紅碗蓮 玉鵬
碧云 紅蜻蜒
花ハスの場所  =四季 彩の丘 =はす池 =あじさい園

メニューに戻る