京都府立植物園のカラディウム

先日、京都府立植物園のアジサイを訪れた際、北山門からアジサイ園に向かう途中に、カラフルな葉を持つ植物が展示されていました。解説板によりますと「カラディウム」というサトイモ科の植物で、日本名は葉を鑑賞する芋という意味で「ハイモ」とよばれているようです。
全ての画像はクリックで大きな画像(800×600)を表示します
南アメリカの熱帯地域に約15種が自生し、地下部に塊茎(かいけい・植物の地中の茎の一部がデンプンなどの養分を蓄え塊状に肥大したもの)を持つ多年草。
花は咲くそうですが、主に葉の形・色を楽しむ観葉植物として育種が行われてきました。
低温に弱く冬越しのためには、10月ごろから水を切り乾燥させて、10℃以下にならないところで保管するそうです。
訪問日 2012年6月24日

メニューに戻る