京都府立植物園・第55回朝顔展

2014年8月2日

久し振りに京都府立植物園を訪れました。

北山門を入った所に右のような看板が上がっていました。

第55回目の朝顔展が開催中とのことですが、毎年こんな催しが行われていたとは露知らず、これ幸いと会場に向かいます。
京都府立植物園の北山門を入った所は、いつ訪れても綺麗な花でいっぱいです。
朝顔展の会場は入口のほん近く、この噴水の奥を左に入った所の植物展示場です。
この看板ですぐ分かります。 会場前の枝垂れ朝顔?は、まだ花が少ないです。
会場内には鉢植えの朝顔がずらりと並び、大型の様々な色の花でいっぱいです。
彩光錦 暁の夢
蛍狩 天下一
雪月花 初瀬
アサガオは、わが国には古く奈良時代に、中国から薬用として種子が渡来しました。それが観賞の目的で栽培され、日本独特の園芸植物として育成されるようになったのは江戸時代からです。最も流行したのは文化文政(1804〜1829)の頃で、アサガオに関する書物も多数出ています。その後、やや下火になり、幕末の嘉永安政(1848〜1860)に第2の黄金時代を迎え、江戸・京都・大阪の三都で盛んに栽培されました。変化アサガオの改良も進みましたが、明治20(1887)年を過ぎると、大輪アサガオが生まれ、次第に変化アサガオにとって変わり、今日だは大輪種全盛となっており、その仕立て方にも各地でそれぞれ特徴があああります。
会場内に設けられた解説版より転記 新戸部誉
月夜野 平安の紅
琴姫 藤娘
団十郎 紫時雨
清滝川 (本日の銘花)
京都府立植物園・朝顔展


所在地:京都市左京区下鴨半木町
      (地図のマークは朝顔展会場)
交通:地下鉄・北山駅下車3番出口を出てすぐ
電話:075-701-0141
開催期間:平成26年8月1日(金)〜8月5日(火)
開催時間 07:00〜12:00
入園料:一般200円 高校生150円 小・中学生無料
     70歳以上(要公的証明書)・障害手帳持参者は
     入園料・温室観覧料とも無料
訪問日 2014年8月2日

メニューに戻る