毛馬桜宮公園を行く

2007年4月5日
この時期、大川(旧淀川)に架かる毛馬橋から都島橋・源八橋・天満橋に至る「毛馬桜宮公園」の桜並木が美しいと聞きつけ、歩いてみることにした。、まずは毛馬橋から出発する。
毛馬橋から下流を見渡すと、少し先の左岸に沢山の桜色のかたまりが目に入り、そちらに向かう。
小高い所に沢山の桜が植えられ、昭和62年に大阪市の花として、桜・パンジーが公募により制定されたと書かれた毛馬桜宮公園名入りの看板があったので、ここが公園の北端であろう。
毛馬橋から天満橋までの4.2km、川岸沿いに桜並木の遊歩道が延々と続きます。
桜並木の枝越しにみる都会の高層ビルも、そこそこ似合うではないか。
やがて、緩やかな曲線で形作られた人道橋・飛翔橋に辿りつきます。
この橋の上から見る、桜もなかなかのものである。
満開に近い桜を眺めながら進むと、やがて都島橋に到着する。
都島橋の上から見た下流方向。左岸は何やら工事中で、桜がないので右岸の桜並木を進む。
この辺りの桜は水面に向かって枝垂れているものが多く見うけられる。
今にも水面にとどきそうな枝などを見ながら進むと
「源八渡し跡の碑」がたつ場所へと出る。

この地は昭和11年6月に橋がかけられるまで「渡し」が唯一の交通手段であった。
この渡しは、江戸時代・元禄末(1700年頃)にはすでに「源八渡し」として知られていたが、架橋とともに姿を消し、橋名に名を留めるのみのみとなっているそうだ。
源八橋からみる左岸の桜
右岸の桜 
桜並木はみごとなトンネル状となっているが、やがて造幣局にさしかかると
桜並木の両側に屋台が所狭しと並び、肝心の桜が目に入らない。
例年、ここの桜が終る頃に造幣局の通り抜けが始まるのだが、今年はどういう訳か早く「通り抜け」を開始したため、こういう事態となってしまったのだ。
そして肝心の「通り抜け」の桜は、まだ1/3位しか開花しておらず、期間終了間際に見頃となるそうである?
一方、川面に目を移すと色々な遊覧船が行き交い、大声で歌い踊るおっちゃんが乗った船が行過ぎる。
天満橋から見る桜も素晴らしいのだが、桜花の隙間から見える屋台の、けばけばしい色彩が目障りである。
えーい、こうなったらUPで撮るしかない。
最後に毛馬桜宮公園のデータを紹介して終ることにする。
毛馬桜宮公園
桜の種類:約4700本(ソメイヨシノ・ヤマザクラ・サトザクラ)
所在地:大阪市北区天満ほか MAP
問い合わせ:北部方面公園事務所 TEL:06-6312-8121
鉄道アクセス:JR大阪環状線・桜ノ宮駅からすぐ

毛馬桜宮公園を行く          撮影2007年4月5日

メニューに戻る