京都・宇治恵心院のスイセン

2015年1月24日

京阪・宇治駅前からから宇治橋を渡らずに、宇治川沿いの道を上流に向かいます。
案内板の矢印に従って歩くこと約6分程で、恵心院の参道前に到着します。参道の両脇には「ヤマブキ」と「スイセン」が植えられており、この時期には「スイセン」が咲き出しています。
参道の突き当りを右に折れると表門↑が現れる。左側のスイセンの株は結構咲いています。
恵心院は寺伝によれば、弘仁十三年(822)空海の創建になるという。初め寺名は唐の青龍寺に似ているところから龍泉寺と呼ばれたが、平安時代中期の寛弘年間(1004〜1011)に恵心僧都が再興して、以後寺号を恵心院と称するようになった。その後、豊臣秀吉、徳川家康の庇護を受けて諸伽藍の整備が行われたと伝える。現在は本堂、表門のみを残している。

本堂
境内内にはスイセンが沢山栽培されていて、参道よりもこちらの方が多く咲いています。
境内にある三本葉の「松の木」

仏教では3と7が良き数とされているそうです。


普通、松葉は2本が当りまえですので、3本葉の松なんて信じられない・・と思いましたが。木の下のスイセンの株に落ちている松葉は、確かに3本あり、長さが異常に長いようです。
境内には「スイセン」の他に「ミツマタ」・「ナンテン」・「ロウバイ」などがあり、ちょうど飛来してきた「メジロ」が、干からびた「ロウバイ」の実と、ご対面です。↓
←仏像群に赤い風車が供え?られています。







その風車をバックに咲くスイセン↓
宇治恵心院
所在地 京都府宇治市山田67
TEL 077-421-3942
交通 京阪電鉄・宇治駅から徒歩約8分
駐車場 参道(大きな車は走行無理)の終点に小駐車場あり・短時間なら無料だそうです
メニューに戻る