「おわら風の盆」の思い出

200某年9月2日、胡弓が加わった民謡・越中おわら節に合わせてゆるやかな振りの踊りを舞う男女の列が、どこからともなく現れ風のように去って行く・・・・、 こんな情景を思い浮かべながら参加した某バスツアーであるが、八尾(やつお)の町が近付く直前に、添乗員から衝撃的な発言がとびだした。観光客が多いので事故を避けるため町流しはやっていません。代わりに町内に数箇所、舞台が設けられて いますので、そこで踊りを見てください。ただし舞台を終えた踊り手達が場所移動の途中で輪踊りを時々行うので、それに出 くわすとラッキーですね・・・・との事。え〜〜、旅行の案内書には町流しの写真が出てたのに・・・・。そんな状態になる事が事前に分かっていたら、おそらく参加を見合わせたと思うが、今となっては後のまつりである。高橋治著の「風の盆恋歌」が刊行されてから、「おわら風の盆」が一気に注目を浴び、全国から観光客が押しかけるようになったので仕方がないかも知れないが、旅行会社もやたら客を送り込むだけではなく、各社が協定して人数を絞り込むなどして、本来の町流しが出来る状態にしてほしいものである。
町内の道路が狭いために大型車の乗り入れが制限されているそうで、途中でバスを降ろされ、JR高山線・八尾駅前までの道のりを約20分程歩いて到着。町内の案内地図をもらって出発しましたが、どこもたいへんな人出で、大阪の通勤ラッシュとあまり変りません。 
日が暮れて舞台上で踊りが始まりましたが、胡弓や三味線の音はマイクで拾いスピーカーから流す電気音ですし、踊りもこんな舞台上でやっていては、何の情緒もありません。
こうなったら、せめて輪踊りだけでも見たいものだと思い、町内をうろつきますが、なんら手がかりがつかめません。ここで輪踊りを○○時から行いますとかの告知をすると、人々が一斉に集まり危険な状態となるそうですので一切知らせないようです。「風の盆」に行きたいと言い出した女房にとっては、これでは治まりません。途中で見つけた交番に「一寸聞いてくる」と言って入っていきました。警官もはっきり云わんかったけど、交差点で人が沢山たむろしている所かな?とか云ってたで・・・との情報を得てそんな所を探しますと・・・
見つかりました。たいがいの人達がぞろぞろ歩いているのに、ここだけは皆さん歩を止めて立ち尽くしています。皆さんは結構予備知識を持って訪れているのだな・・・・と、感心しながら待つことしばし
人ごみをかき分けて踊り手さん達がやってきました。先頭を行く人員整理のおっちゃん兄ちゃん達が、怒鳴り散らしながら輪踊りに必要なスペースを確保していきます。私達はあまり無理せずに下がった結果、幸運にも前から2番目位の場所を確保できました。
ひとやすみ
 
そして輪踊りが始まりました、この踊りは指先の動きにも特徴があります。
 
  この後、集合時間が近付いたため、バスが待つ八尾駅前へと向かいますが、まあ何とか輪踊りだけでも見られて良かったと思う反面、あれが見られなかったら、今回の旅行は何だったのかと思われるだけに、旅行会社も事前にこういった事はきちんと説明しておくべきだと思います。
なお、後で聞いた話ですが、観光客が引き上げたあとで、町流しは行われているそうですので、本当の「風の盆」を見たい人は、この町や近くで宿泊するツアーか、最終列車でやってきて徹夜で踊りを見物した後、一番列車で帰る等の方策を採られたらよいかと思います。

メニューに戻る