彼岸花咲く葛城古道 

2010年9月27日

今年の彼岸花の開花は全体的に遅れているようですが、以前から気になっていた葛城古道の彼岸花の偵察に行ってきました。
近鉄・阿部野橋駅から吉野行き急行・尺土駅で乗り換え、御所駅から奈良交通バス・葛城ロープウェイ行きに乗り込みます。
猿目橋バス停で降り、案内標に従って六地蔵方向に歩を進めます。彼岸花は九品寺(クホンジ)周辺と一言主神社(ヒトコトヌシジンジャ)周辺に多いという話ですので、そこまで行って引き返すつもりです。
六地蔵までの途中、黄金色に染まる稲穂や集団で咲く彼岸花が出迎えてくれました。
六地蔵石

道路上に六体の地蔵が彫られた大きな石が鎮座しています。
室町時代、この辺りはたびたび土石流に見舞われたそうで、この石はその土石流に乗って、ここにたどり着いたそうです。その後、付近の住民が地蔵さんを彫ったとされています。
番水(ばんみず)の時計

九品寺の近くにこんな塔がありました。上部には時計が設置されていて、田にひく水を公平に分配するため、あらかじめ定められた時間割にしたがって、自分の田に水を入れるというもので、今でもこの方法を採っているらしく、塔の横には真新しい配水時間表が張ってありました。
番水の時計の奥に沢山の彼岸花が見てとれますので、そちらに向かいます。
この石垣の左側に九品寺があります 石垣の上部は彼岸花でいっぱい
ここからの眺めは素晴らしく、大和三山も望めます(左から耳成山・畝傍山・香久山)
この辺りの彼岸花は、まだ蕾が沢山ありましたので7分咲き位かと思われます
この集団のなかで少し色が薄く見えるのは花弁の縁が白い花でした
九品寺(くほんじ)

空海が創始したと伝えられ、室町時代の兵火をまぬがれて今に残る寺。本堂は明和5(1769)年に再建されたもの。本尊の阿弥陀如来像は重要文化財。門前には西国三十三ヶ所観音霊場巡りや、十徳園といわれる回遊式庭園がある。
九品寺の周辺にて
一言主神社に向かう道中では、あまり彼岸花は見かけませんでした。


一言主神社(ヒトコトヌシジンジャ)

願い事を一言だけ聞いてくれる「イチゴンジンサン」として地元の人々に親しまれている神さま。本殿の前には目通り3m、高さ20mのイチョウの巨樹がある。
一言主神社周辺の棚田には沢山の彼岸花が咲き乱れていました
この辺りは、すでに満開といっても良い状態かと思われます
 
葛城古道 近鉄御所駅から奈良交通バス80.88系統(葛城ロープウエィ行き)で猿目橋下車 
近鉄阿部野橋駅発の時刻表とバス接続時間表はこちらが便利です
九品寺 奈良県御所市楢原1188  地図  TEL::0745-62-3133  駐車場あり(無料)
一言主神社 奈良県御所市森脇字角田432  地図  駐車場 (付近に駐車スペースあり)
 
メニューに戻る