京都・桂川堤防のナノハナ

2013年4月18日

阪急電鉄・大山崎駅前から同電鉄の高架をくぐり、新幹線の高架に沿って進みます。
少し行くと、金網の向こうに桂川の堤防に上がる階段が見えてきます。金網が途切れた所から少しバックして、この階段を上がりますと
堤防上は、車が頻繁に往来する道路(国道171号線)となっている。幸い横断歩道が設けられていて、押しボタン式信号機が設置されていましたので、信号が青に変わるのを待って、川側に歩を進めます。なお、この信号付近に「国道大山崎」のバス停がある。
横断歩道を渡って少し川上側に歩いた所で歩道用の脇道に入ります。大型の車がビュンビュンとばす堤防上の歩道は、怖かったのですが、ここからは安心して歩くことができます。
堤防上からは桂川の流れと、土手に咲くナノハナ(西洋カラシナ)が目に留まります。
視線を左に移すと、「日立物流」と記されたビルの近くの土手に「ナノハナ」の帯が見て取れます。
この「ナノハナ」が密生する土手の長さは300m以上有りそうです。 堤防上からは、八幡市の男山が望め、その手前には桜の木の行列(背割りの桜)が見られます。
堤防下から見上げる青空は春霞? ナノハナには、まだ「つぼみ」が見られます。
河川敷には「たんぽぽ」が・・・ ”ホケキョウ”の鳴き声で「ウグイス」を発見。
土手の「ナノハナ」は延々と続きます
堤防上からは「京滋バイパス」の車道橋が望めます。
堤防上を歩いて出発点に戻りましたが、桂川の下流側も「ナノハナ」がいっぱいです。
ちょうど新幹線の列車が通過していきました。
桂川堤防のナノハナ
所在地 京都府乙訓郡大山崎町
(地図のマークは「国道大山崎」バス停)
見物 自由
駐車場 なし
トイレ この辺りには無い

メニューに戻る