カタクリの花を求めて六甲山

メニューに戻る

2006年4月16日(日)


カタクリの花が六甲高山植物園で咲いていると聞きつけ、六甲ケーブル下駅までやってきた。
六甲ケーブル

六甲ケーブル下駅から六甲山頂駅までの1.7qを10分で結ぶケーブルカー。

六甲山頂への観光客の足として、昭和7(1932)年に設けられた。
六甲ケーブル山頂駅:構内

ここには以前に何度か訪れているが、こんなにレトロな雰囲気だったことに、今回初めて気が付いた。
駅員さんの話しでは、開業当初からの建物とのこと。これは「神戸レトロ」に加える必要がある。

ちなみに、ケーブル下駅舎は、開業当初のものではないとの事。


そしていよいよ、駅舎の前に止まっているバスに乗って、植物園へと向かう。
植物園前バス停で降り、東口から入園する。しかし、その時に渡された園内マップにはカタクリが載っていない。不信に思い係員に尋ねると地図を示しながら「この辺とこの辺の3〜4ヶ所ですが、今日は曇っているので、花は開いていませんよ」との返事に愕然となる。しかし、せっかくここまで来たのだからとカタクリの群生場所に向かう。
大勢のカメラマンが足を止めている場所があり
誰かが「カタクリや」と云っているのを聞きつけのぞきこむ。よく見ると紫色の蕾が沢山見てとれるが、係員が云っていたようにほとんどが蕾である。なかには開いている花もあったが、残念ながら背を向けているため絵にならない。
仕方がないので他の花を撮りながら、他の群生場所を探して歩く。


← ショウジョウバカマ(園内のいたるところで見られる)
                   イワウチワ →

日本の特産種で、落葉樹の林の下、わずかな木もれ日をうけて生育する多年草。岩場にはえ葉の形がうちわのようだということで、岩団扇の和名が付けられた。花色はほんのりとした桜色である。
← オオバキスミレ



他のカタクリ群生所が見つかるが、ほとんががつぼんだ状態であり、開いた花は背を向けている。
西口付近でミズバショウの群生が見られます。
ミズバショウ

湿原に生育する高さ80cmほどの多年草。大きな仏炎包(葉の変形したもの)につつまれた黄色の棒状のものが多数の花を密集させた花穂である。高原の雪どけを待って開花する清楚なミズバショウは、早春のあこがれの花として親しまれている。









発見カタクリの花
4ヶ所ほど有った群生場所の中で、1ヶ所だけ背を向けずに咲いているカタクリを見つけました。


カタクリは花が咲くまでに7〜8年かかりますが、咲いている期間は約1週間との事。


地面は落ち葉で覆われ、雑草がじゃまをして、
あまりきれいな写真ではないが、まあ一本だけでも撮れたので良しとしましょう。
                                          2006年4月16日撮影

メニューに戻る