春日大社 砂ずりの藤

   
春日灯篭が並ぶ表参道を通り
 
本社本殿の南門をくぐると
 
  大きな藤棚がある。

これこそが春日大社の銘木 「砂ずりの藤」 であり、花穂が地面の砂にすれるほど長いところからこの名があるそうです。樹齢800年ともいわれ、鎌倉時代後期(1309年)に描かれた絵巻物「春日権現験記」にも、ここにフジがあったことが記されているそうです。
春日大社では神紋にもフジの紋様を用い、奈良朝いらい境内の藤は大切にされています。
 
 
 
 
  境内の一角には神苑があり、その南端には砂ずりの藤をはじめ、春日大社の社紋・シンボルでもある日本古来の花「藤」を約20品種・約200本を植栽する回遊式庭園「藤の園」があり、棚造りや他では見られない立ち木造りにて公開されています。
  白甲比丹(シロカピタン)藤

その他、白系統の藤としては麝香(ジャコウ)藤・白野田(シロノダ)藤・口紅藤などがありました。
  緋ちりめん藤

その他、赤系統の藤は昭和紅藤・本紅藤があります。
 
黒龍(コクリュウ)藤  その他、藤色系統は甲比丹(カピタン)藤長崎一歳(ナガサキイッサイ)藤・八重黒龍(ヤエコクリュウ)藤・八尺(ハッシャク)藤など珍しい藤が見られます。この日は、まだ2〜3分咲きといった状態でしたが、今後、早咲き→中咲き→遅咲きと順番に咲き揃い、5月中頃まで鑑賞可能だそうです。
                                                           撮影 2008年4月28日
  藤ではありませんが、神苑内で珍しい桜の花を見つけましたので紹介しておきます。


御衣黄(ぎょいこう)

 「ウコン」と共に二種類ある緑の桜のひとつ。大島桜の系統の八重桜で花の中心から赤い筋が花弁に入り、ピンク色に染まって花の形のまま散り落ちる。天皇陛下がお召しになられる衣装「衣黄(いこう」から名が付くほど昔から日本にある桜だそうです。
春日大社
所在地:〒630-8212 奈良市春日野町160 TEL:0742-22-7788(代)  地図  境内は立入り自由(神苑は有料)
交通:近鉄奈良駅・JR奈良駅よりバス春日大社表参道下車、又は本殿前下車すぐ 駐車場:あり(有料)

神苑 
開苑時間:午前9時〜午後4時30分(1月・2月・12月は毎週月曜日休苑、祝日等と重なる時は翌火曜日)
入苑料:一般525円(高校生以上) 小人(262円(小・中学生)
 
メニューに戻る