茨木市・春日神社の石燈籠
(国指定重要文化財)
茨木市春日5丁目の春日神社は、明治5(1872)年に村社になったとのこと。 境内には子供達のために遊具が設けられている。
ひっそりとした境内の拝殿横に、なにやら白い立て札がたっています。
その「立て札」を見て驚きました。何と!国の重要文化財に指定された石燈籠が目の前にあるではないか!
解説板によりますと

石燈籠

 (昭和38年 国指定重要文化財)


 石燈籠とは、石製の置燈籠のことで、神仏への献灯が主な目的で作られた。はじめは仏像や本殿の前に一基だけ設けられていましたが、室町時代頃からは左右一対となり、その後は、観賞用や庭園・街道にも建てられたことから多くの形式が生まれてきた。


 昔は「火」は神聖なものとされ、いっさいの不浄を清めることから「浄火」として大切に扱い、神仏への献上火と四方を明るくする働きによって大切にされ、その火を護る燈籠もまた大切にされてきました。


 この燈籠は、竿の上部に「春日大明神 摂(州)嶋下郡倍加村」と刻まれ、竿の下部には「敬白 高良社 石燈籠 延慶二 八月日 領主 紀口弘」と刻まれています
(延慶二年=1309年 鎌倉時代)


 しかし上部の字体が新しいことから、いつの頃か、高良社からここに移されたと考えられていますが、どこの「高良社」なのかはわかっていません。


茨木市教育委員会
茨木市内には春日神社が5社あるそうですが、こちらは春日5丁目の春日神社です。
社務所に人が居るの気配はなく、無人の神社のようですが、こんな所に国の重要文化財があることに驚きました。


 訪問日 2013年7月14日
春日神社の石燈籠
  (国指定重要文化財)
所在地 大阪府茨木市春日5丁目
交通 JR茨木駅から北へ徒歩約13分
 
メニューに戻る