奈良・唐古遺跡のコスモス

酒屋さんから頂いた写真入りカレンダーの9月分に、コスモスの写真が載っています。
撮影場所は何所だろうと思い、左下を見ると「奈良県・唐古遺跡」と記されています。
唐古(からこ)遺跡って何所?という訳でネットで調べてみると田原本町の辺りと分かり、訪ねてみることにしました。
2013年10月7日

近畿日本鉄道・橿原線の「石見(いわみ)駅」から唐古池を目指します。

この辺りは稲畑が多く存在し、黄金色に輝く稲穂達が、間もなく行われるであろう収穫を待っています。
駅から歩くこと15分程で国道24号線に出ますので、ここを南下(右折)してしばらく進むと「唐古・鍵遺跡」の看板が目にとまります。左に目を移すと、あのカレンダーに載っていた建物とコスモス畑が見えています
コスモス畑の規模は約100m×25m位です(目測)
うしろの建物は、この辺りにあった弥生時代の集落の楼閣(復元)だそうです。
訪れるのが少し遅かったようで枯花が目だちます。
コスモス畑は唐古池の西側に広がっています。
階段を上がると唐古池の堤防上で、そこに唐古・鍵遺跡の碑と解説板がある。
唐古・鍵遺跡

唐古・鍵遺跡は、奈良盆地のほぼ中央に位置する、弥生時代の集落遺跡である。昭和52(1977)年以降、継続的な調査が行われ、遺跡範囲が30haに及ぶ巨大環濠集落であることが判明。村の周囲には幅5〜10mの環濠が幾重にも巡り、敵からの防御や運河の機能を担っていた。集落の内部では石器・木器の生産や青銅器の鋳造も行い、物資の流通の中心となっていた。また、岡山から静岡までの広い地域の人々と交流しており、近畿の中心的な集落と目されている。また、絵画土器の点数は百数十を数え、これは全国の1/3を占める。中でも、楼閣の描かれた土器は有名だそうです。
その土器に描かれていた楼閣が、コスモス畑から見えていた建物で、唐古池の南西角に復元されています。(高さ12.5m)

楼閣とは2階建て以上の建物のことで、渦状の屋根飾りが多く用いられていることから、最高に格式の高い建物であると推測されているそうです。
唐古池は江戸時代に灌漑用ため池として造られたものだそうです。
唐古遺跡
所在地 奈良県磯城郡田原本町大字唐古
交通 近鉄橿原線・石見駅より徒歩約20分
見学 自由
駐車場 有(広い)無料 利用は08:00〜17:00
トイレ 駐車場に簡易トイレあり
メニューに戻る