万博公園早朝観蓮会&象鼻杯(2006)

メニューに戻る

2006年7月15日(土)

万博公園の近くに引っ越してきて
25年になるが、早朝に公園に入
るのは初めてである。
太陽が昇り始めた午前5時30分公園東口に通じる橋の扉が開けられ、日本庭園へと向かう。
突き当たりにある、公園東口で切符を買い、右側の通路を進むと

いつもは閉まっている日本庭園・東
出口の扉が開けられている。
いつも、ここから日本庭園に入園出
来れば楽だのに・・・・と思いながら、
テント内テーブルに用意された「うち
わ」を一本いただき、左手に進む。
ハス池の手前に臨時のゲートが設けられていて、ここで6時まで待って下さいとの説明があり、しばし待つ間にだんだん人数が増えてきます。
6時丁度、ゲートが開けられ、5〜60
人の人達が一斉に池に向かって歩
き出します。
ハスの花が綺麗に咲いていましたが、花より○○○でこの行列に加わります。
行列の先では、象鼻杯という催しが
行われています。
ハスの葉の中空の茎の中を通って
きたお酒をいただくというもの。
そのハスの形が象の鼻に似ていると
ころから、象鼻杯と呼ばれています。
ほんのりとハスの香りがするお酒をいただいたあとは、腹が減っては○○○が出来ん・・・とハス池の西側にある「はす庵」で朝食です。
はす庵は、早朝観蓮会が催される日
は、朝6時から営業されています。
蓮の実入りの朝粥定食が800円です。
象鼻杯が終わったあとに、ハス酒(お酒の中にハスの茎が短く切って入れられている)の試飲会があり、こちらも試飲させていただきました。
さて、そろそろ撮影に取り掛かろうと思ったが、池の周りは何処もご覧のような状態です。
 
今年は、どの花も開花が遅れ、ハスもまた同様
な状態でしたが、ここに来てやっと満開・見頃と
なりました。
万博公園:早朝観蓮会







撮影 2006.7.15

メニューに戻る