小豆島・寒霞渓の紅葉

2009年11月19日

観光バスと我々を乗せたフェリーは岡山県の日生(ひなせ)港を出航し、小豆島の大部港へと向います。
毎年、春と秋に実施されている元職場のOB達と行く小旅行、今回は香川県・小豆島の寒霞渓(かんかけい)の紅葉を愛でる旅である。
いくつかの島影を眺めながら約50分 小豆島の家並みが見える所まで近付きました
小豆島は瀬戸内海国立公園のほぼ中心に位置し、周囲126km・人口約34000人の島で、地中海を想わせる温暖な気候と明るく美しい風土を併せ持っています。

日生港を出てから約1時間で大部港に到着。観光バスはフェリーを降りるとすぐに昼食会場である小豆島温泉・ホテル鹿島荘へと向かいます。ここで会席料理をいただき、希望者は温泉に入ったあと、次の目的地へと向かいます。
小豆島と言えばオリーブが栽培されていることで有名です。
明治41年、アメリカから輸入された苗木を、三重・鹿児島と香川の小豆島で試験的に栽培した結果、他県が全て失敗したのに対し、この地だけが成功し現在に至っているそうです。
園内には、レストランやオリーブ製品の売店などがあり、今でも元気な試験栽培を始めた時の原木をも見ることができます。
瀬戸内海を望むオリーブ園 樹齢・約100年の原木
オリーブ園をあとにして、いよいよ寒霞渓へと向かいます。バスのフロントガラス越しにちらちらと赤や黄の色彩が目に飛び込んできて、だんだん期待が高まっていきます。
寒霞渓のロープウェイ乗場に到着 辺りを見回すと、こんな光景が・・・・・
急いで乗場に駆けつけましたが、長い行列が出来ています。添乗員さんが、待ち時間は約40分との予想を伝えてくれます。二台のゴンドラがピストン運転で客を運びますが、なかなか乗場に到着できません。
並ぶこと、ほぼ予想通りの50分位でゴンドラに乗り込み、いよいよ寒霞渓の空中散歩が始まります。

小豆島・寒霞渓の位置
ゴンドラからの眺め
ゴンドラの左前方
ゴンドラの右前方(左上方に小さくロープウェイの山上駅が見えます)
あっという間の約5分間で空中散歩は終了です
山頂駅の標高612mの展望台から瀬戸内海方面を望む
駐車場付近にて かわらけ売場の屋根と紅葉
第1展望所の近くで陽光を受けて黄金色に輝く紅葉が綺麗でした
前々から寒霞渓の紅葉を一度見たいと思っていましたので、念願がかなった1日でした.。
寒霞渓から大部港に向う途中で、こんな夕陽に出会いました。
撮影2009年11月19日

メニューに戻る