信州の旅:上高地

2008年7月20日

畳平から上高地に向かいます。バスは「大正池ホテル前」・「帝国ホテル前」・「上高地バスターミナル」で停車しますから、好きな所で降りて下さい・・・・との添乗員から説明がありましたが、大正池の少し手前で交通渋滞のため、バスが全然動かなくなりました。添乗員さんの英断で、駐車場でもない道路上ですが、ここで降りて大正池からお好みのコースを巡ってバスターミナルまで歩いて行って下さい・・・との指示で全員バスを降り大正池に向かいました。
大正池&焼岳

大正4(1915)年6月6日に起きた焼岳の大噴火で生じた火山泥流が梓川をせき止め、一夜にして誕生したのが大正池です。池の水面から突き出し、幻想的な雰囲気を醸し出している立ち枯れた木々は、噴火によって水没した森の痕跡である。
その後土砂の流入が続き、現在の池の面積は当時の1/10ほどに縮小しているそうです。
梓川の水は透き通るように綺麗です。水中の魚(イワナ?)を撮りましたが、水の存在が感じられません。
上高地自然研究路を通り田代池へと向かいます。いつの間にか、ぞろぞろと大勢の人達の行列が出来ています。あとで聞いた話ですが、我々が観光バスを降りて歩く姿を見て、後続のほとんどのバスが真似をして乗客を降ろしたため、車道路を歩く観光客がアリの行列のように続いていたそうです。そのため、大正池から河童橋へと向かう観光客が一時的に増え「森の中の銀座」状態となったようです。
田代池

この池は霞沢岳などから砂礫層を通って湧き出てくる伏流水に養われています。池は枯れた水草などが底に積もって少しずつ埋まり、長い年月をかけて湿原にかわっていきます。
昭和50(1975)年夏の大雨で、大量の土砂が流れ込み、池の半分以上が埋ってしまったそうです。
 この辺りで見かけた花々です
 ノアザミ
 
オトギリソウ?
湿原には木道が敷かれています
 
オニノヤガラ シモツケソウ
上高地帝国ホテル

昭和8(1933)年、日本初の本格的なリゾートホテルとして開業。赤い三角屋根と石と丸太を積み重ねた外観は、上高地のシンボル的存在です。

昭和52(1977)年に再建されましたが、開業当時の外観を忠実に再現してあるそうです。
ニッコウキスゲ キツリフネ
梓川沿いの道を進みます。

               ウエストンレリーフ

英国人牧師ウォルター・ウエストンは明治21(1888)年から同28(1895)年までの日本滞在中に槍ヶ岳や穂高の山々を数多く歩き、我が国に近代的な登山意識をもたらし、日本山岳会結成もきっかけを作りました。また、その間の紀行文で日本アルプスの魅力を世界に紹介するなど、その業績は高く評価されています。このレリーフは彼の偉業をたたえて設置されたものです。
 
 
カラマツソウ
 
クガイソウ
 
 クサボタン         ウツボグサ           ソバナ
 
間もなく後ろに明神岳を従える河童橋が見えてきました。 
        河童橋

上高地のシンボル的存在の吊り橋。その名の由来は、「昔この辺りに河童が住んでいそうな淵があった」から、とか「橋のなかった時代に衣類を頭の上にのせて川を渡った人々の姿が河童に似ていた」などの説がある。
明治43(1910)年に初めて橋が架けられてから、現在の橋で5代目だそうです。

自分が乗る観光バスは上高地バスターミナルに無事到着していましたが、普段なら10分位の道のりに約2時間かかったの事。ドライバーさん(女性)お疲れ様でした。         撮影 2008.7.20

メニューに戻る