特別公開!住友活機園(旧伊庭貞剛邸)

メニューへ戻る

住友活機園の2006年春季特別公開を新聞紙上で知り、インターネットで申し込んでおいたところ、後日、当選の通知が届いた。

公開日の当日=2006年5月19日(金)、JR石山駅から南方向に歩きます。
12分位歩いたところで、前方の小高い丘に建つハーフテンバー構造の建物が見えてきます。
多分、あれがそうだろうと思いながら、歩を進めます。
やがて「住友活機園」の案内標識が現われる。石段を上がったところ、と矢印が示している。 苔むした石垣を見ながら石段を上っていくと
うわ〜、もうすでに沢山の見学者が開門を待っている。

ところで、伊庭貞剛(いば ていごう)ってどんな人物だったのだろうか?

弘化4(1847)年1月5日 近江国西宿村(現在の近江八幡市)で生まれ・育つ。幼少の頃より剣道を学び、また、西川吉輔に師事して尊皇思想を学んだ。
明治元(1868)年1月 師・西川吉輔の求めに応じ京都御所禁衛隊に属し、その後司法検事、函館裁判所副所長、大阪上等裁判所判事などを歴任。
明治12(1879)年2月 叔父広瀬宰平の勧めで住友に入社。5月に大阪本店支配人となる。
明治23(1890)年7月 滋賀県選出初の衆議院議員となる。
明治27(1894)年7月 別子支配人として単身赴任。11月、初代住友総理事広瀬宰平の引退に伴い、別子支配人在勤のまま、その地位を引き継ぐ。
明治33(1900)年1月 2代目総理事に就任。明治28年から引退までの伊庭翁は住友銀行(現在の三井住友銀行)、住友伸銅場(金属・電工・軽金属の前身)、別子鉱山山林課(林業の前身)、住友倉庫の設立と現在の主要各社を生み出す。また煙害問題解決のため断行した四阪島精錬所の建設と、別子山の植林事業は、永遠に語り継がれる事業である。
明治37(1904)年7月 「事業の進歩発展に最も害をするものは、青年の過失ではなくて、老人の跋扈(ばっこ)である。」と58歳若さで引退、その後は石山の別荘・活機園に隠棲。
大正15(1926)年10月 80歳で没す。伊庭家墓所(近江八幡市西宿)に眠る。
 
門をくぐり受付を済ませて、さあ〜と思っても建物の姿が見当たりません。先の人に続いて樹木に覆われたアプローチを進みます。
途中、こんな池があったりしますが、なんと言ってもこの新緑と苔が美しい。 ゆるやかな坂道を蛇行しながら上っていくと、前方の視界が開けます。
広い芝庭の奥に見えるのが活機園の洋館である。設計者は住友の建築家だった野口孫市であり、大阪府立中之島図書館の設計者として知られている。平成14(2002)年には文化庁より「明治後期の大邸宅の姿を完全に伝える希有な例」として重要文化財に指定されている。
支配人の話によると、屋根瓦・窓ガラス共に竣工当初のものであり、阪神大震災や幾多の台風に遭遇すれども、一枚の損傷も無く現在に至っているそうである。
1階正面の左側と側面の壁面は木製シングル張りと呼ばれるもので、一枚一枚うろこ状の木板を貼り付けてあります。
洋館の左側には平屋建ての和館がつながっています。和館も洋館も出入はこの玄関↑からとなっています。さて、いよいよ内部見学に移りますが、残念ながら内部の撮影は禁止されていましたので、館内を案内していただいた支配人様の解説内容を抜粋して記しておきます。

活機園は今から102年前の明治37(1904)年に建てられたものであり、築100年を越した建物である。

活機園の活機とは貞剛翁自信が名付けたもので、禅宗の思想「俗世を離れながらも人情の機微に通じる」という意味である。

活機園を建てる時、貞剛が望んだのは只ひとつ、清楚(せいそ)でありたいという事だった。
床や柱や階段は全て塗装を施さず、素材そのままの美しさが生かされている。

貞剛が年老いた時の事を考え、階段の傾斜はとてもゆるやかで、踏み面も幅が広くとられているし、床はバリヤフリーになっている。

各部屋の暖炉の装飾やドア飾りにさりげなくアールヌーボー(植物や昆虫など自然界の直線や曲線を多用した当時の新しい芸術)が用いられている。

ベランダはガラス窓を入れサンルームのようにしてあり、木彫りのテーブルやリクライニングソファー(背もたれの角度を木のピンを差し込む位置で調節)が用意されている。

和館を設計したのは、住友家の住宅を数多く手がけてきた八木甚兵衛である。

大工や瓦師などの職人も大阪や京都、そして地元から名人を集めてきた。

契約書には、上質の材を使用するとの覚書もある。

和室の障子やふすまの敷居に段差がない。明治のバリヤフリー住宅である。

縁側の天井には長さ12mの天然木の杉丸太(ふし無し)が使われている、100年を越えた今でも軸棒部分に全くぶれがない。

洋館の金属類(シャンデリア、暖炉など)は戦時中の金属供出で全てが無くなったが、和館の暖炉は,、地袋のような小さなふすまを開けると現われる仕組みであった為、調査員には座布団入れにでも見えたのか、発見されずに済み供出をまぬがれた。

活機園の敷地は元来15000坪程あったが、名神高速・新幹線などの用地に提供し、現在は約1/7の2500坪程となっている。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
内部を見たいという方は、活機園のホームページにバーチャル体験コーナーが設けられていますので、そちらをご覧ください。

活機園
所在地 滋賀県大津市田辺町10-14
特別公開 年2回(春・秋)(要事前申し込み)

最後に茶室を見学し、森のような庭を通って帰途につきました。  撮影 2006.5.19

 

メニューへ戻る