桜の海津大崎を行く

2011年4月17日(日)
11時53分37秒
以前から一度訪れてみたいと思っていた桜の名所「海津大崎」行きの誘いがあり、旧職場のOB達4人と一緒に行ってきました。JR湖西線マキノ駅から海津大崎を経て、JR永原駅までの約12kmの距離を徒歩で巡るという行程です。
右上図は2011年4月16・17日に行われた「海津大崎桜シーズン交通規制マップ」の一部ですが、この地図を頼りに赤線で示すルートを行きます(一方通行規制は車に関してだけで、人は規制外ですので逆のコースでもOKです)。マキノ駅を出発したのが11時53分頃で、永原駅発16時45分発の姫路行直通新快速列車にのる予定ですので約5時間。これだけ時間があれば写真を撮りながら歩いても十分だろうとの目算で出発します。
 
(12時9分25秒) (12時11分29秒)
海津大崎を望むマキノサニービーチに到着 ここから大崎の桜並木が望めます
   
(12時46分54秒) (12時56分46秒)
湖畔にはいろいろな花が植わる 桜と黄色のレンギョウと赤は?
   
(13時2分9秒) 上の写真にも写っているが、この辺りの浜辺には「海津浜の石積」と云われる石垣が残っています。

解説板によりますと、元禄15(1701)年、甲府領高島郡の代官として赴任した西与一左衛門は、風波のたびに宅地の被害が甚だしいのを哀れんで、河津東浜の代官金丸又衛門と協議し、幕府の許可を得て元禄16(1703)年に湖岸浪除石垣を東浜668m、西浜495mを築いた・・・・との事です。

この後は左写真の石垣の中間点にある石段を上って一般道を歩きます。
浜辺にはこんな石垣が・・・・・
   
(13時6分2秒)
一般道を少し進むと「海津天神社」方向に大きな桜の木を見つけて一寸寄道
   
(13時24分33秒) (13時35分26秒)
かなり桜並木に近付きました 海津大崎並木口
   
(13時35分39秒) 13時35分50秒
(13時43分12秒) 長い桜のトンネルが続きます
   
(13時46分24秒) (14時02分59秒)
海津大崎湖岸園地にて小休止 桜・サクラ・さくら・・・・・・
   
(14時27分47秒)
大崎寺付近は桜がいっぱい・人いっぱい・車もいっぱい
   
(14時45分20秒) (14時51分04秒)
海津岩礁(大崎の先端部) 三つのトンネルをくぐり抜けると・・・・
   
14時55分23秒
竹生島が見えるようになり大崎の東側に回りこんだことが認識できます
   
(15時06分28秒) (15時09分53秒)
東側の桜並木は古木が多いです こんな桜並木が延々と続きます
   
(15時10分47秒)
長老級の古木(樹齢は何年位でしょうか?)
   
(15時19分20秒) (15時47分48秒)
紅枝垂桜は咲き始めたところ 怪獣が林から首を出しているように見える
   
(16時02分31秒) (16時03分22秒)
   
(16時08分39秒) (16時25分30秒)
琵琶湖の東岸が、かなり近付いてきましたが、残り時間約20分でJR永原駅に到着しないといけません。誰かが「一寸やばいよ・・・」との声に、歩を早めますが、ついつい足を止めて写真を撮ってしまいます。
   
(16時26分14秒)
やっと琵琶湖の最北西端部が見えてきました。
  
この写真を撮った時点で残り時間が約19分となりました。線路も駅舎も見えない状況でしたので、とにかく大急ぎで歩き、JR永原駅の長い階段を駆け上ったところへ丁度列車がすべりこんできて、なんとか間に合いました。
 
ところで、この旅では「春の関西1デイパス」という切符を使いました。通常、大阪→永原間が1890円で、往復では3780円掛かるところを2900円で済みました。春のお出かけにはお勧めの切符です。

上の小さな写真も大きく見られる スライドショー を用意しました(別画面が開きます)

メニューに戻る