城跡探訪!開田城

2011年3月7日

長岡天満宮に近いマンションの片隅で、「開田城土塁公園」と記された碑が目に留まりました。
公園といっても木製のベンチが数台設けられているだけの狭い空間であり、その後ろに土手のような盛土が存在する。
盛土は芝生で覆われていて、大きな木が一本だけ残っている。
案内板によると、この木は長岡京市の保存樹木に指定された、幹周3.8m・樹高20mのクスノキである。樹齢は記されていませんが、クスノキは成長が遅いそうで、これ位の幹周なら樹齢は200年以上ではないか?と勝手に想像しております。
そして、この盛土は「戦国時代の村の城・開田城の土塁」だそうで、長岡京市の指定史跡となっています。

以下に案内板の文面を略記します。
 開田城(かいでんじょう)は戦国時代(15世紀後半〜16世紀)に活躍した国衆(くにしゅう)の一人である中小路(なかこうじ)氏の居館(居城)である。
 乙訓・西岡地域の土豪(どごう)・持侍(じざむらい)たちは、それぞれ村のリーダーとして活動し、また国衆として地域の自治的運営を目指す国一揆(くにいっき)を結んだことで全国的にも著名。国衆の居館は彼らの活動の基地として重要な役割をはたしたが、開田城はそうした居館の遺構が残る貴重な事例である。
 開田城の発掘調査は、昭和53〜56(1978〜81)年と平成8(1996)年、平成15(2003)年におこなわれ、この城が一辺約70mの方形の居館で、周囲に幅約6.5m・高さ2mの土塁(どるい=土で築いた城壁)と、幅約8m・深さ約1mの堀をめぐらす典型的な構造であることが明らかになった。城内からは、東西・南北が3間(9m)以上の大規模な掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)や石組みの井戸・焼けた土や炭がつまった竈(かまど)とみられる遺構などが発見されました。
↑ まとまって出土した素焼きの皿 ↑ 竈(かまど)跡
←この部分(長さ約28m)とクスノキが開田城土塁公園として残されています。

残念ながら、こ地は発掘調査が終了した後に、大きなマンションが建設されてしまいました。がしかし、このマンションのエントランスロビーに「開田城復元模型」が置かれています。
この復元模型は3次に渡る発掘調査資料や古地図をもとに作られ、土塁や堀も再現されています。建物は絵巻物や現存する民家、他の居館の発掘事例などをもとに推定で作製されたもので、城主の家族が日常生活を送る主屋、家臣たちの住居と物置を兼ねる雑舎、台所である厨屋(くりや)・土蔵・持仏堂、氏神、厩(うまや)、便所などが再現された1/200の模型です。
開田城跡
所在地:長岡京市天神1丁目

メニューに戻る