城跡探訪・聚楽第(城)

2011年7月15日

京都の立本寺を訪れた後、付近をぶらついてみました。中立売通を東に向かっていると、正親(せいしん)小学校の東北角に何やら石碑が2本立っています。
右側(向かって)の石碑は「平安宮大蔵省跡」と記されており、あまり興味が涌きませんでしたが・・・・・・
左側の石碑には「此付近 聚楽第址」と記されており、横に立てられた解説文を読んでみて、大いに興味をそそられました。

解説板の文面を下に転記します。(一部読み取れない部分があり、その部分は○○○と表記しました)

かってこの一帯には平安時代に平安宮(大内裏:だいだいり)があったことから「内野」と呼ばれていた。その後、安土桃山時代に平安京跡北東領分に豊臣秀吉によって築かれた聚楽第と呼ばれる城があった。
秀吉は、羽柴秀吉と名乗っていた天正14年に聚楽第の築城を開始し、翌15年に正室の北政所(おね)、母の大政所とともに大坂城から移り住み、政務を執るようになった。その後、秀吉と甥で後継者である秀次の二代に渡る関白の城として使われ、豊臣家による洛中支配の象徴として機能した。この城は幅20mから43m、深さ6mから8mもある水を湛えた大規模な濠と石垣に守られ、白壁の土塀や多重櫓で囲まれた内側に桧皮葺(ひわだぶき)の本丸御殿と金箔瓦で飾られた天守や櫓が聳える絢爛豪華な城郭であった。城は内郭と外郭の大きく二つに分かれ、内郭はさらに本丸、南二之丸、北之丸、西之丸に分かれる。
これまでの考古学的な調査により、この石碑の立つ本丸西側の濠をはじめ、本丸の東側と南側の濠、南二之丸の南側と西側の濠、さらに北之丸の北濠と石垣などが明らかにされた。特に本丸東側の壕跡からは多量の金箔瓦が出土し、国の重要文化財に指定されている。天正16年(1588)には後陽成(ごようぜい)天皇の○○○○行われた際の豪壮な城郭も秀次の失脚に伴い、築城者である秀吉の命により、文禄4年(1595)に破却され、わずか9年の短い歴史を閉じている

↓聚楽第・屏風絵図  『日本城郭体系11・京都編』新人物往来社刊より転載

これを見て、この辺りに聚楽第の遺構が残っているかも知れない・・・・・・と思いましたが、何の下調べもしていませんので、どこをどう探せばよいのか分かりません。ここは一旦帰宅して再度出なおす事にしました。

帰宅後の調べでは、残念ながら聚楽第の決定的な遺構などは残っていないそうですが、城の周りを取り囲むようにして建ち並んでいた「武家屋敷跡碑」・「千利休の屋敷跡碑」・「聚楽第外堀と思われる落ち込み」などが見られるようである。
2011年7月27日

再び正親小学校の近くまでやってきました。この小学校の北側道路(中立売通)を西に進むと、次の交差点の南側道路が急に落ち込んでいる様子が見てとれます。他の筋では見られないので、ひょっとするとこれが聚楽第外濠の跡かもしれません。
ここから、再び正親小学校の前を通り東に進み、ハローワーク(西陣公共職業安定所)がある交差点の南西角にも「聚楽第址」の石碑が立っています。側面には「聚楽第東濠跡」と記されています。

なお前述の金箔瓦が出土したのは、このハローワークの建替 え工事中(平成4・1992年)のことで、金箔が付着した瓦が約600点が見つかったそうで、おそらく聚楽第を破却する際に瓦などを濠に投げ込んだものと思われます。
この中立売通を歩いていると、かなり古い建物が沢山残っていることに驚かされます。此の建物は現役の内科医院のようで「内科 呼吸 循環器科 藤田医院」の看板があがっています。
千利休屋敷跡に向かう途中に「聚楽城 武家地 上杉景勝屋敷跡」の石碑がありました。解説板の文面を次に略記します。

天下統一を進める豊臣秀吉は京都に本拠を定めた。征夷大将軍ではなく、関白として、天皇のそばでの政権維持を考えたからである。そのため洛中に本格的な城郭を建設した。現在の一条大宮の西南一帯に位置した聚楽城である。注目すべきは、全国の大名が、秀吉の命により聚楽城のそばに大名屋敷を営んだことである。すなわち京都は単なる豊臣家の中心地だはなく、「武家国家の首都」になったのである。当地にはその際に北国の大名、上杉景勝の屋敷がつくられました。
桔梗の花が咲く晴明神社の一角に「千利休居士聚楽屋敷趾」の石碑があります。側面には「晴明神社の地は千利休宗易居士が聚楽屋敷を構え茶事を催し、湯茶に用いたとされる井戸が現存する旧跡である」と記されています。
←これが、その井戸である。

天正19(1591)年、千利休は秀吉から「堺へ帰れ」の命を受けます。利休のさまざまな言動が秀吉の怒りを買ったようです。周りの人達が秀吉に詫びに行くことを進めましたが、利休はさっさと堺に帰ってしまいます。この行動が秀吉の逆鱗にふれ、再び聚楽屋敷に呼び返すやいなや切腹の命令を下します。切腹当日、利休は介添人達に、この井戸水で最後の湯茶を振舞ってから、この世を去っていったそうです。
聚楽第本丸跡の推定位置と
石碑等の所在位置
「此付近 聚楽第址」 の石碑
聚楽第外濠?の落ち込み
「聚楽第・聚楽第東濠跡」の石碑
「聚楽城 武家地 上杉景勝屋敷跡」の石碑
「千利休居士聚楽屋敷趾」の石碑

この地図は一寸古いので店舗などを目安にしないでください。

メニューに戻る