京都洛西・十輪寺(通称なりひら寺)

2013年6月22日

阪急電鉄京都線・東向日駅から善峰寺行きのバスにゆられ、約25分で小塩バス停に降り立った。バス停のすぐ隣りが小塩山・十輪寺(じゅうりんじ)で、晩年に在原業平が隠棲したことから、通称 「なりひら寺」とも呼ばれているそうである。
寺の境内へは石段を上らなければいけませんが、車道沿いの山肌に咲く、きれいな紫陽花を見つけ、辺りをうろつきますと、駐車場の近くににもピンクの紫陽花がありました。しかし、後で分かったことですが境内には、ほんの少ししか紫陽花はありません。
入口で拝観料(400円)を支払い、本堂に向かう途中に小さな池がある。
紫陽花(隅田の花火)と赤いスイレン
京都府指定文化財・十輪寺本堂
十輪寺は天台宗の古刹で、嘉祥3(850)年、分徳天皇が染殿皇后の安産祈願のため、伝教大師作「延命地蔵」を安置したのが起こりといわれている。
三方(さんぽう)俯瞰(ふかん)の庭


高廊下、茶室、業平御殿の三ヶ所から場所を変え、見る人に様々な想いを感じさせる、心の庭だそうで、縁側に寝転んで手枕で眺めると格別!とのこと。(拝観受付の女性の話)
京都府指定文化財・不惑梵鐘(まよわずのかね)
寛文6(1666)年の作
在原業平の墓


平安時代の歌人で「伊勢物語」の主人公・在原業平(ありわらなりひら)が、晩年ここに隠棲(いんせい)し、難波の海水を運んで塩焼きの風流を楽しんだと伝えられる。
この地の「小塩」の地名は、この故事に由来し、境内裏山に業平墓、塩竈(しおがま)の跡がある。


塩竈の跡
(この跡は地形は原型のままであるが、塩竈(しおがま)は数十年前に古事に因んで復元したものだそうです)
十輪寺(通称なりひら寺)
所在地 京都市西京区大原野小塩町
TEL 075-331-0154
交通 JR向日町駅、阪急東向日駅より阪急バス善峰寺行、小塩停下車すぐ
拝観料 400円
時間 09:00〜17:00
駐車場 有 15台 無料 

メニューに戻る