萩の寺・常林寺

京阪電鉄・出町柳駅にすぐ近い常林寺(じょうりんじ)は、浄土宗の寺院である。
天正元(1573)年に魯道(ろどう)和尚によって、現在の寺町荒神口の一角に建立された。
しかし、寛文11(1671)年の大火により類焼して、現在地に地所替えとなり、元禄11(1698)年に現本堂が建立された。
昔から、この寺は「萩の寺」として知られ、毎年、秋には庭一杯に咲く萩の風情が素晴らしく、若き日の勝海舟が、京における宿坊として常に利用にしていたそうである。
常林寺 (地図
所在地 京都府左京区川端通り今出川上がる
交通 京阪電鉄出町柳駅からすぐ
拝観 無料
 
訪問日 2010年10月8日

メニューに戻る