京都・城南宮の枝垂れ梅

2011年3月2日

京都伏見区にある城南宮の枝垂梅が見頃との情報を得て、JR/近鉄・竹田駅から歩いて約15分の距離にある、東鳥居前までやってきました。この神社は「方除の大社」としても知られています。
梅苑は50m先の朱色の鳥居を・・・の表示に従い参堂を進み、鳥居をくぐると、左側に神苑の入口がありました。
神苑入口からは苑路の両側に咲く色々な椿の花を見ながら奥へと歩を進めます。

←入口の近くに咲いていた乙女椿です。

しばらく進むと急に前方が開けます。
「春の山」と呼ばれる庭に植えられた 沢山の枝垂れ梅が出迎えてくれます。
梅苑・主部のパノラマ写真です。
白(一寸緑っぽいですが)の枝垂れ梅もあります。緑愕(りょくがく)枝垂?
とにかく、枝垂れ梅のオンパレードで、普通の梅はありません、その数は約150本あるそうです。
咲き始めは濃いピンク色の花も、晴天の日が続くとだんだん色が薄れていくそうです。
梅花のシャワーと落椿
これだけ多数の枝垂れ梅を見たのは初めてです。
じつに素晴らしい梅苑です。
その他の、平安の庭・城南離宮の庭・室町の庭・桃山の庭も見て回れます。
城南宮
所在地 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL 075 (623) 0846 
入苑料 大人・500円 小・中学生・300円
入苑時間 午前9時〜午後4時30分
交通 地下鉄/近鉄・竹田駅から徒歩15分
駐車場 東西2ヶ所200台 無料
その他 詳しくは城南宮HP

メニューに戻る