京都:浄安寺の椿

京都府久御山町にある浄安寺は、天喜元(1053)年に浄福寺と称して建立された。
天正元(1573)年に、平等院の玄誉徹公上人によって堂宇が再建され、浄土宗・浄安寺と改称され現在に至る。
境内には約230種類の椿があり、椿寺と呼ばれ親しまれているそうです。
  
茶室前にある手水鉢は江戸時代初期の茶人・松花堂昭乗遺愛の「立ちつくばい」で、松花堂型手水鉢と呼ばれているそうです。
 
以下に庭で咲いていた椿の花を少しばかり紹介します。
庭で写真を撮っている最中に、ご住職の奥様と出会いました。奥様いわく「本堂の中でも40種の椿を展示しているので、そちらも見ていって下さい」とのことですので、早速本堂に向かいます。

本堂正面の扉を開くと、ずらっと椿の生け花が並んでいます。色々な花器に全て異品種の椿と他の庭の草花とを上手く組み合わせて生けてあり、その前に草花と椿の品種名を書いた短冊が添えられています。この椿展は4月15日迄です。
 
以下に、展示の半数ですが珍しい椿を含めて紹介します。
緋縮緬椿
 
匂い椿
 
明妃椿
 
三保ノ関椿
 
有楽椿
 
三笠ノ森椿
 
月光椿
  
所縁(ゆかり)の色椿 
  
酒中花椿
   
源平丸椿
  
 
天津羽衣椿
 
越路唐錦椿
 
えぞ錦椿
 
四海波椿
 
日暮椿 
 
細雪椿
 
乙女椿
 
加茂本阿弥椿
 
春の海椿 赤玉椿
訪問日 2011年3.月23日
浄安寺 椿展 2011年=2/15〜4/15
所在地 京都府久世郡久御山町佐山 
TEL 0774-41-6036  詳しい地図
拝観 無料 
時間 制限なし
駐車場 あり・無料
アクセス 左記参照
京阪バス時刻表 京阪淀駅発21系統
近鉄大久保駅発21系統
 
メニューに戻る