高雄山・神護寺の紅葉2014

2014年11月8日

久しぶりに高雄の神護寺を訪れました。

以前に訪れたのは、まだインターネットネットなどがない時代で、新聞などの「紅葉便り」で「見頃」の文字を確認して、やってきましたが、すでに紅葉は終了しており、殺風景な景観の中で湯豆腐だけ食して引き揚げた事を思い出しながら、長い石段を下ります。
今はインターネットなどで真新しい情報を得ることが出来る時代となり、最近では、そのような失敗は少なくなりました。



清滝川に架かる「高雄橋」を渡ります。
橋を渡り終えると、今度は上りの石段です 参道の途中にも紅葉の見所が多数存在します
途中の休憩所の紅葉も見事です
参道の紅葉の中を進むと、やがて前方の急な石段上に建つ楼門が見えてきます。
神護寺

高雄山と号し、高野山真言宗の別格本山である。当時の起源は、もと高雄山寺といい、天応元年(781)愛宕五坊の一つとして建立されたといわれ、また和気清麻呂が河内国(大阪府)に建てた神願寺を天長元年(820)この地に移し、空海(弘法大使)が住持となって、神護国祚真言寺と改称した。その後寺運は次第に衰え、寿永三年(1184)文覚上人の中興もあったが、応仁の乱で再び衰え、豊臣・徳川氏などによって漸次修営され、現在に至っている。
楼門横の神護寺本坊
紅葉と楼門
境内より望む楼門
紅葉と宝蔵
鐘楼(左奥)と和気公霊廟
明王堂
金堂
2014.11.8(土)〜24(日・祝)は境内ライトアップ実施
金堂への石段 紅葉と金堂
金堂の石段上から望む五大堂と毘沙門堂
大師堂(国・重要文化財)
高雄山 神護寺
所在地 京都市右京区梅ヶ畑高雄町五
TEL 075-861-1769
拝観料 中学生以上:500円 小人:200円
拝観時間 09:00〜16:00
交通 JR京都駅よりJRバスで約50分・山城高雄下車 徒歩約20分
阪急烏丸駅・大宮駅より市バス8号系統で約45分 高雄下車 徒歩約20分
京都南インターより162号線経由で約50分
駐車場 なし・周辺の私営駐車場利用のこと
 2014.11.8(土)〜24(日・祝)は境内ライトアップ実施中・夜間特別拝観時間:17:00〜19:00(参道は20:00まで)特別拝観料800円 

メニューに戻る