西宮市・神祇官公園のサルスベリ

2012年8月22日

8月の中旬以降に咲く花といえば、サルスベリ位しか思い当りませんし、この花の名所と云える所も、あまり存在しないようです。それでも色々探してみると、兵庫県西宮市の神祇官(じんぎかん)公園という所が見つかりましたので、訪れてみました。
JR西宮駅から歩いて5分位の所にある公園は南北に細長く、すべり台やブランコ等を備えた児童公園のようですが、北側の入口にある公園名を刻んだ石には「花の名所・サルスベリ」の文字が見て取れます。
西宮市の計画として”いつも、どこかで花が咲いているまちに”と、「花の名所」造りに取り組まれ、この公園はそのひとつとして、8月から9月頃にかけて花の咲くサルスベリが植えられたそうです。まだ木が若くて、名所と言えるほどの咲きっぷりではありませんが、将来の名所目指して大事に育てて欲しいものです。
サルスベリは公園の南側に多く植えられています
サルスベリ(ミソハギ科)
中国南部原産の落葉高木樹。日本には江戸時代に渡来。花は白・ピンク・赤・紫などで、花木少ない真夏に咲くのが特徴。”さるすべり”の名は猿も滑り落ちるというところから名付けられましたが、100日間位長く咲き続けるところから、漢字では”百日紅”と記します。
神祇官公園
所在地 兵庫県西宮市神祇官町4
交通 JR神戸線西宮駅徒歩5分
駐車場 なし
トイレ なし

メニューに戻る