富田林寺内町(大阪に残る古い町並み)
 
 富田林寺内町は、南北約320m×東西400mの不整形をしており、石川の河岸丘を利用し開発したため、全体に高台にあり、北方と西方は平地に開き、南方と東方は石川の流れに接している。
 寺内は大阪平野の南東端に位置し、京都から紀伊見峠をこえる東高野街道と、堺から大和御所にでる平野街道・千早街道などの交差点に当たるなど、古来交通上の要衝を占めていた。
南東側より見下ろす石川
 
 町並みは中世末期の一向宗の寺内町として造られ、近世には付近の農村地帯を背景に、酒や木綿などの地場産業を中心とする在郷的性格をもち、現在でも十七・十八世紀にさかのぼることのできる民家が多数残っており、大和今井町・飛騨高山などと共に、歴史的景観の保全を要する地域の一つとされている。
城之門筋 興正寺別院表門
 
 富田林寺内町は、永禄元(1558)年頃、証秀上人によって開発された、一向宗興正寺別院を中心とする宗教自治都市である。「杉田家文書」の「興正寺御門跡兼帯所由緒」によれば、富田林が荒芝地であったころ、京西本願寺宗興正寺御門跡十四世・証秀上人が、この地を礼銭百貫文を差し上げ、御坊境内に申し請け、中野村・新堂村・毛人谷村・山中田村の四ヶ村の庄屋株の者一ヶ村から二人ずつ、都合八人(八人衆と呼ぶ)出て、芝地を開発、興正寺御門跡兼帯所御堂を建立、そのほか畑・屋敷・町割りなどをして、富田林と改め、八人衆が年寄り役にきめられ、役をつとめたとある。
 
 町割は、御坊を中心として門前四周に七筋八町としている。すなわち、南北の通りを「筋」と呼び、東西の通りを「町」と称した。
 街の周囲には土塁をめぐらせ、その外側には竹を植え、山中田坂・向田坂・西口・一里山口に四門を設け、朝夕は開閉していた。
  
 道路の幅は、ほとんどが二間半ぐらいであるが、城之門筋は西端に用心掘を設けるため三間となっている。これらの道路は、ほとんどが直交せず、角でほぼ道幅ほどずらして、真直の見通しをさまたげている。
 また、東南隅には城砦の跡と伝承される所や、「城内」という字名があり、寺内町・御坊の非常の際には兵を配し構えた場所とされる。
あてまげのみち
   
 今日の寺内町は、土塁は削平され、町並みに埋もれてしまい、元の位置を確認するのも困難になっている。東側と南側の急斜面が古くからの地形を示し、掘跡が細い道路となって残っているのみである。しかし、近世の町家遺構はきわめて多く、在郷町発展の歴史を辿ることができるのは貴重な存在といえよう。
 (解説と古図は「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第12巻」より抜粋)
 
中井家住宅 奥谷家住宅
 
北野家住宅 田守家住宅
   
虫籠窓(むしこまど) 煙返し
  
まさに時代劇の世界ですが車が駐車していて幻滅
  
旧杉山家住宅 (重要文化財)
 
杉山家は寺内町創立以来の旧家で、代々「杉山長左衛門」を名乗り、江戸時代を通じて富田林八人衆の一人として町の経営に携わってきました。旧来の家業は明らかではないが、貞享2(1685)年に酒造株を取得した後は、造り酒屋として成功し、当初三〇石であった酒造石高は元禄10(1697)年に百四石、天明5(1785)年に千百三石と著しい発展を遂げている。
座敷 座敷から庭園を望む
 
江戸時代の屋敷図によると、杉山家の屋敷地は町割りの一画を占める広大なもので、その中に主屋を始め酒蔵・釜屋・土蔵など十数棟が軒を接して建てられており、その繁栄をうかがうことができる。現存する主屋の建築年代は、土間部分が17世紀中期で最も古く、その後に座敷や2階部分を増築し、延享4(1747)年ごろほぼ現状の形になったものと考えられている。
庭園より主屋を望む
 
富田林寺内町の古い民家は農家型の平面構成をとり、煙返しなど農家的な技法も見られる。旧杉山家住宅はこれら民家の中で最も古い遺構であり、規模も大きく質のよい商家の住宅として、昭和58(1983)年12月26日に重要文化財に指定されました。(杉山家案内板より転載)
訪問日 2013年2月11日
 旧杉山家住宅
交通 近畿日本鉄道長野線・富田林駅下車 徒歩約10分
開館時間 10:00〜17:00  月曜休館
月曜日が祝日等の休日にあたるときは、その翌日が休館
入館料 大人 400円  小・中学生 200円 (20名以上は2割引)
問合せTEL 0721-25-1000(代) 富田林市教育委員会文化財課
駐車場 見学者用駐車場あり(旧杉山家住宅まで徒歩5分)
 (注)旧杉山家以外の各邸の内部は未公開です

メニューに戻る