伊豆半島の旅

2015年2月27日

久しぶりに女房と一緒の旅となりました。
この旅は、関西の旅行会社が主催する「渚キラめく伊豆半島・大人の絶景リゾート」という、長いネーミングの1泊2日のバス旅行である。

静岡県に入りしばらくすると、フロントガラスの向こうに富士山が見えました。しかし一瞬で見えなくなり、その後もちらちらと見え隠れしながらガラス越の富士見ばかりでしたが。次に訪れる「伊豆の国パノラマパーク」という所ではロープウェイで上った山上から、生の富士山が望めるとの事で、期待しながら目的地に到着しましたが・・・・・・・・・
残念ながらロープウェイは運転休止です。 風が穏やかなら、こんな風景が望めるそうです。


次に向かったのが「河津七滝」という所です。

河津七滝は「かわずななだる」と読むそうで、河津川の流れ約1.5kmの間にある七つの滝の総称で、道中には川端康成氏が書いた「伊豆の踊り子」に関する銅像があります。





    初景滝と「踊り子と私」のブロンズ像 ↓
本日の宿はオーシャンビューの「ホテル伊豆急」である。 ↓
2015年2月28日

前日の夜、フロントに日の出が見えるかを尋ねたところ、ホテルの部屋からは小山にかかって見えませんが、砂浜に出ると見られますとの事でした。当日、聞いていた「日の出時間」である6時15分に間に合うように起き、砂浜で待機することしばし・・・・薄雲の間から太陽が上ってきました。




      06時25分13秒 ↓
本日は河津桜の見物なのですが、その前に伊豆急リゾート列車の乗車体験ということで、わざわざバスで「片瀬白田駅」までで行き、列車で河津駅まで戻ってくるという行程になっています。

ところが、入ってきた列車は、すでに満員すし詰め状態で先頭車両にのるつもりでしたが、とても乗れません。結局、3両目まで走り必死の思いで乗り込みましたので、ドアー付近から撮れた写真はこれだけです。
こんなところまで来て、大阪のラッシュアワー状態に陥るとは夢にも思いませんでした。
河津駅は、これまたラッシュ時の大阪界隈の駅のような状態ですので、ホームから改札を出るのに一苦労「です。

ここからバスで「河津さくらまつり」会場に向かいますが、これまた車の渋滞で中々前に進みません。

何とか到着した桜の見物通路も人で溢れかえっています。

そういえば、本日は土曜日でもあり、ここの桜も見頃との報が出たそうで、混雑がひどくなったようです。
河津桜は早咲きの桜だそうで、毎年2月28日前後に見ごろを迎えるそうです。
「河津桜」とは、こんな花です。
桜見物は50分ということで満足な観賞が出来ませんでしたが、丁度見頃となった桜を見られて良かった・・・・・・とか思いつつ、次のポイントに移動します。

次は「堂ヶ島遊覧船」で島々の洞窟を巡ります。
舟は小さな洞窟に入っていきます。 洞窟内には天井に穴が開いた所があり、びっくり!
次は土肥港から駿河湾フェリーにて清水港に向かいます。 しばらく進むと右手に富士山が見えてきます。
清水港に着く寸前に、『左手に「三保の松原」が見えます』とのアナウンスがあり、富士山が最後まで見えたかどぷかは不確認。
大阪に向けての走行中に、バスのフロントガラスからきれいな夕焼けが望めました。
メニューに戻る