和泉リサイクル環境公園の
ラベンダー

2011年7月2日

大阪府和泉市で、まとまって咲くラベンダーが見られることを知り、泉北高速鉄道・和泉中央駅までやってきました。
ここから南海バスに乗換え、納花(のうけ)バス停で下車します。
しかし、どの道を行けば良いのか迷いましたが、前方に案内板を見つけ←に従います。目的地までは1kmと書かれています。 だらだらとした上り坂を行きますが、所々で雑草や樹木が道路にはみ出していて、車が横を通ると一寸危ないです。
徒歩で1kmなら15分位で到着するかな?と思っていましたが、12分位で着きました。
後で分かったのですが、ここは徒歩で来た人の専用入口で、正門はもう少し上の方にあります。
この公園は昭和55(1980)年から昭和63(1988)年までの8年間の産業廃棄物を埋めて処分した場所との事。その後平成10(1998)年に公園にする工事が始まり、平成15(2003)年に完成したそうです。公園のテーブル・ベンチ・植木鉢・柵や杭などはプラスチックボトルなどを加工したリサイクル品、花の肥料は料理の食べ残しやスーパーなどの売れ残り商品を加工して作るなど、不用品を再生して公園造りをされました。
上の地図の右下に梯子状の図がありますが、それがこの階段です。何でも鉄道の枕木を再利用しているとの事です。
階段を上りきったところに日本庭園がありました。この庭園は各地の公園や庭園の改築や解体現場から廃棄物として出された植木や庭石をここに集めて、新たに庭園としてリサイクル構成したものだそうです。 日本庭園を出て、多目的グランドの横を通りラベンダー畑?に向かいます。グランドでは多くのサッカー少年達が、第二の長友・香川めざして、真剣に練習していました。
グランドを通り過ぎるとラベンダーが見えてきます。
一寸電柱と電線が目障りですが、広々としたラベンダー畑が広がっています。
ここには約7千uの広さに約10万本のラベンダーが植えられているそうです。
超(蝶)UPです
↑正門を入った所は駐車場と売店・休憩所・トイレ・オープンカフェなどがあり、土・日は野菜市やフりーマーケットも出るようです。


← 赤い建物は休憩所です。上には”すだれ”が張られており風通しは良いですが、雨宿りはできません。
ハーブ園もあります 左の緑のトンネル内から撮ってみました
ラベンダーの向こうに何やらカラフルな花が見えます
こちらは”グラジオラス”です、これもまた綺麗でした。
帰りは正門から出ました。この公園の運営はリサイクル業者の大英環境株式会社さんが行っておられますが、入園料は無料ですし駐車場(140台)も無料との事です。

これ以外の花としては、枝垂れ紅梅・日本水仙・ラッパ水仙・チューリップ・バラ・芝桜・南洋朝顔などがあるそうですが、各花の見頃情報は、環境公園事務所に問合せの上、お出かけください。
和泉リサイクル環境公園
 
所在地

大阪府和泉市納花町407

TEL 0725-55-6969(管理事務所)
休園日 月曜日(祝日は営業)
入園料 無料
交通 泉北高速鉄道・和泉中央駅下車・南海バス32・38系統 和泉青葉台行 乗車 ”納花”停より徒歩約15分

170号線→大野北交差点を左折→約3km直進→左側

駐車場 有 140台 無料

メニューに戻る