城跡探訪・泉原城

2015年2月21日

JR茨木駅より阪急バスにて「泉原」停に降り立った。
途中、茨木市北部の山間部を通って来たのだが、急に前方が開け、信号機のある交差点が出現し、辺りには民家などが多く建ち並ぶ地域である。
茨木市の山間部に、こんな町があることに驚きました。
信号機のある交差点を西に進み 茨木市役所の北辰出張所前を通りすぎ
坂道を上っていくと、運動場らしき囲いフェンスと学校らしき建物が見えてきます。泉原城の跡地は現在は学校になっている、ということなので、あの辺り一帯が城跡のようです。
学校正門の左側には「清渓(きよたに)小学校」のプレートが掲げられています。
そして正門の右側には城跡碑と解説板が見てとれます。
某・茨木城の城跡碑が学校構内にあって、人目に触れない・・・というような状態ではなかったので一安心です。

解説板の内容を以下に転記します。
泉原城跡(いずはらじょうあと)

 城跡は、大字泉原字上殿垣内に位置し、ここ清渓小学校の敷地を中心として、三方に派生する尾根上に築かれた城(砦)です。

 築城の時期は明らかではありませんが、勝尾寺文書の暦応三年(1340)の高山庄雑掌職宛行状案に「泉原左近将監行親、子息鶴丸」に泉原氏の名前がでてくるのが最初で、これは彼が勝尾寺側に協力したので高山庄の庄官に任ずるというものです。
 付近に散在所領をもつ勝尾寺と結ぶことによって、在地支配力の強化をはかったのではと思われます。

 廃城の時期も不明ですが、勝尾寺文書の中に泉原氏の名前がみられなくなる永禄(1558年〜)の頃とも考えられますが定かではありません。
運動場のフェンス下には階段状の石垣がありましたので、もう少し近付いて写真を撮りたかったのですが、この上で農作業をする「おばちゃん」に不審者を見るような目つきでにらまれ、早々に退散です。
帰り道の途中で振り返ると、フェンスがある運動場側から東南側に落ち込んでいる山裾が見てとれます。なるほど!こんなロケーションなら、あの上に城があったとしてもおかしくないな、と思いながら帰途につきました。
泉原城跡
所在地 大阪府茨木市泉原857
交通 阪急バス 泉原停から徒歩約6分
メニューに戻る