大阪市立大学付属植物園の梅

この植物園は昭和25(1950)年4月に開園され、大学付属の研究機関として植物の基礎的な研究を行うと共に、植物の収集と保存にも力を注がれています。面積25.6ha・標高40〜130mの敷地内には、いろいろな樹木・花木・草木類などが育てられており、季節の花々の観賞が出来るようにと一般にも開放(有料)されています。
今回は梅が咲き始めたとの情報を得て出かけました。園内には47品種.88本の梅が育てられており、早咲き種が上の写真のような状態で咲いていました。その他、数輪の花を付けた木が約17品種程ありましたが他は蕾でした。開花品種の中からいくつか紹介します。
吉朗兵衛(キチロベエ)
 
鶯宿梅(オウシュクバイ)
 
緑萼枝垂(リョクガクシダレ)
 
内裏紅梅(ダイリコウバイ)
 
甲州小梅(コウシュウコウメ)
 
野梅(ヤバイ)
 
寒紅(カンコウ)
 
原田氏の3
 
濃赤八重(ノウセキヤエ)
 
花香美梅(ハナカミウメ)
 
隠居城州(インキョジョウシュウ)
 
月影紅梅(ツキカゲコウバイ)
 
←途中で見かけた「ウグイスカグラ」です。花の直径は8〜10mm・長さは15〜20mm位の小さな花です。

その他、「さくら山」や「つばき山」などがあり、季節の花が楽しめるようですが、普通の植物園と違い園内には舗装路は無く、坂道や山道が多いので車椅子での観賞は無理ですし、売店・食堂はありません。トイレ・休憩所は所々に設けられています。
 
大阪市立大学理学部付属植物園:利用案内
所在地:〒567-0004 大阪府交野市私市2000 地図
電 話:072-891-2059 FAX:072-891-2101
開園時間:09:30〜16:30(入園は16:00まで)
休園日:毎週月曜日(ただし休日の場合は開園)・年末年始
入園料:大人 350円 中学生以下 無料
交 通:京阪電鉄交野線「私市駅」下車、徒歩6分
     またはJR学研都市線「河内磐船駅」下車、徒歩20分
駐車場:有り 普通車500円 マイクロバス1000円

メニューに戻る