伊丹市昆虫館の蝶

兵庫県伊丹市の昆陽池(こやいけ)公園の一角に建つ「伊丹市昆虫館」。ここに設けられた温室では真冬でも蝶が舞っているとのことを耳にして訪れました。
一階の入口から入室すると、ガラスで覆われた普通の植物温室が現れます。
違っているのは名の知れぬ蝶たちが、ひらひらと目の前を飛んでいくことです。よく見ると周りの植物の葉や花にも沢山の蝶達がとまっています。
急いでカメラを取り出しましたが、レンズが曇ってしまい、すぐには写せません。

レンズの曇りが治まるのを待って撮影開始です。
ここの蝶達のほとんどが、近付いてカメラを向けてもなかなか逃げません。この温室で世代交代を繰り返している間に「人間は怖くない」との情報がDNAに書き込まれたのでしょうか?
この蝶は「頭かくして尻かくさず」、全くの無防備状態で花の蜜を吸っています。
 
では、ここからは写真が撮れた蝶達を紹介します。
シロオビアゲハ(オス) (メス)↑(奄美大島以南)

沖縄を代表する蝶の一種で、赤い花が好きでつぎつぎ飛び移り、はねを動かしながら蜜を吸います。

スジグロカバマダラ(宮古島諸島以南の島々)

オレンジ色に黒いすじがある美しいはねを持った蝶です
クロテンシロチョウ(八重山諸島)

白いはねに黒い点があるのでこの名があります。大きな蝶が多い温室のなかで、小さいながらもひょい・ひょいと飛んでよく目立つ蝶です。
カバタテハ(八重山諸島)

はねをあまりはばたかせず、ゆるやかに飛びます。表が茶褐色、裏が黒褐色のはねを持ち、よく葉の表側にはねを広げてとまります。
オオゴマダラ(沖縄諸島以南および与論島・喜界島)

日本で最大級の蝶です。ふわーり・ふわーりとゆっくり飛ぶので、いちだんと大きく感じられます。この温室で一番長生きする蝶で、平均50〜60日も生きているそうです。
この蝶がいちばん人なつっこく、腕や顔面に平気でとまります。大きな蝶ですので怖がる子もいますが、手の平や肩にとまった蝶に困惑しながら歩く子供達を数人見かけました。
コノハチョウ(沖の永良部島・沖縄本島・石垣島・西表島)

森林のなかでくらす蝶です。この温室のなかでは木の幹や葉の上でよく見られ、腐った果物の
汁を好んで吸います。名のとおり、はねを閉じると枯葉にそっくりです。
 
リュウキュウアサギマダラ(奄美大島以南及びトカラ列島の一部)

黒いはねに水色のまだら模様が美しい熱帯地方の蝶で、ゆるやかに飛びます。
 
昆陽池(こやいけ)といえば冬鳥が飛来することで有名ですが、この日も沢山のカモ達がコブ白鳥やゆりかもめと共に餌場で群れていました。
冬場に「昆虫館」を訪れたならば、ぜひこちらにも足を延ばしてみてください。

伊丹市昆虫館

所在地=兵庫県伊丹市昆陽池3-1 地図 TEL=072-785-3582 FAX=072-785-2306 開館時間=9:30〜16:30(蝶温室は10:00〜16:30)、入館受付は16:00まで 休館日=毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末(12月29日〜31日) 観覧料=大人400円・中高生200円・3才〜小学生100円 交通(電車)=阪急伊丹またはJR伊丹駅下車、伊丹市営バス4番のりばから「玉田団地」または「松ヶ丘」下車 交通(自動車)=国道171号線伊丹市役所前交差点北進 駐車場あり(151台・有料)
                             撮影2008年1月20日

メニューへ戻る