11月23日 曇り

石垣港から竹富島へと向う
海の色が曇り空にもかかわらずとて
もきれいだ。

まもなく竹富島が見えてくる。

到着後、マイクロバスに分乗して星
砂の浜へと向う。
   
  星砂の浜

一帯ははごつごつした岩肌が広がる
地形だが、この岩のくぼみに星砂が
多いとの事。探し方はくぼみの砂に
手のひらを押し付け、付着した砂の
中から星砂を探し出すというもの。
しかし何度やってもの星砂は付いて
こない。結局は横の売店でガラスビ
ン入りの星砂を買うはめとなった。
 
この白い星型のものが星砂である(
色付けされた砂を、星砂が見やすい
ようにと混入してある)。

この星砂は、海草などに付着してい
た有孔虫の骨格が砂浜に打ち上げ
られたものだそうです。
 
  水牛車

次は水牛車で、国の重要伝統的建
造物群保存地区をめぐります。

珊瑚礁で出来た石垣塀の細い道を、
この水牛さんは、なんの命令を受け
る事も無く、自分で黙々とコースをた
どります。
 
曲がり角では、客車が石垣に触れ
無いようにと、大型バスが行うような
大回りも心得ています。

ガイドが弾く三線の音を聞きながら
の牛車での散策、のんびりとした旅
情が味わえます。
 
  竹富島の観光を終え、続いては「ち
ゅらさん」で有名になった、小浜島へ
と船で向います。

ほどなく島が見えてきました。
 
こちらもマイクロバスに分乗して、ド
ライバー兼ガイドさんの案内で島内
をめぐります。

島の産業はサトウキビ栽培が主流
だが、最近は酪農を行う人達が増
えてきたとの事。
 
ここがちゅらさんことエリーの通学路
として設定されていた道路との事。
 
ドラマの舞台となった「こはぐら荘」
です。現在は町長の親族の方がお
住まいだそうです。
 
昼食をとったホテル「はいむるぶし」
東京ドーム40個分、島の1/5を占
める敷地に沢山のコテージが海辺
に建つ、リゾートホテル。
はいむるぶし、とは南十字星のこと
だそうだ。