城跡探訪・伊勢亀山城


JR紀勢本線・亀山駅から歩くこと約12分程で、伊勢亀山城の多聞櫓の近くに到着する。



 伊勢亀山城は、文永二年(1265)亀山市若山町に関実忠が最初に築城し、元亀四年(1537)織田信長により関盛信が追放されるまで、関氏十六代の居城であった.
 天正十八年(1590)岡本宗憲が入城後、新たに築城したとされ、この城については『九々五集』に本丸・二之丸・三之丸からなり、天守も建てられたと記される。
 また、三宅氏が城主の時、丹波亀山城の天守を解体するように命じられた堀尾忠晴が間違えて伊勢亀山城の天守を取り壊したた伝えられるが真偽のほどは定かでではない。
 寛永一三年(1636)本多俊次が城主になると亀山城の大改修に着手し、東西700b・南北500bに及ぶ縄張りが確定する。城の外周は堀が廻り、一部は谷をせき止めて水堀とした。城内には本丸、二之丸、東三之丸、西之丸、東出丸の曲輪があり、本丸には将軍家旅館として整備された本丸御殿、二之丸には城主居館と藩庁を兼ねた二之丸御殿が設けられた。
 城主は八家がめまぐるしく入れ替わったが、延了享元年(1744)石川総慶が城主となると、以後は石川家十一代で明治維新を迎えることとなる。
 明治六年の廃城令によりほとんどの建造物は取り壊され、現在は多聞櫓と石垣、土塁、堀の一部が残されているに過ぎない。多聞櫓は、県下で原位置のまま遺存する唯一の城郭建築とした昭和二八年(1953)に三重県指定文化財に指定された。     現地解説板より
多聞櫓
かっては天守閣が建っていた場所に建てられた多聞櫓が この城郭の遺構として残っています
西側の石垣
与助井戸跡

亀山城本丸で使用されてきた井戸です。天正18年(1590)岡本宗憲による亀山城築城の際、この場所にあった民家「与助鍛冶」を城外に移したとの伝承から「与助井戸」と呼びならわされてきました。城外への抜穴伝説がありましたが、確認されていません。
鉄砲挟間を設けた土塀(復元) 西出丸の関見櫓跡
三重櫓跡 北東側の外堀
二之丸→との案内標識に従って歩を進めると、こんな案内板がある所に出ました。

二之丸帯曲輪(おびくるわ)

城主居館のあった二之丸の北側を防備するために設けられた小規模な曲輪です。明治時代以降に亀山城の大部分が取り壊されたなかで、かっての二之丸北側にあたる一帯は埋門(うずみもん)とあわせて本来の城の姿を良好にとどめています。
築山

御殿の庭につくられた小山で、古い図面にかかれている場所に、発掘調査で見つかった瓦でその位置を示している。
二之丸御殿の礎石

礎石は、建物の柱をのせる石です。石のひとつには柱をすえたとみられる四角のほりこみがあり、殿様のいる二之丸御殿の礎石とみられます。黒い玉石は御殿の玄関前に敷き詰められていたものです。これらの石は亀山西小学校の建設工事前に行われた発掘調査で見つかったものだそうです。。
埋門(うずみもん)跡

埋門は、二之丸御殿と帯曲輪のあいだにつくられた小型の門。半分地下にもぐるようにつくられているので埋門(うずみもん)と呼ぶ。この門は今から130年ほど前に取り壊されて、埋められていたものを平成15年の発掘調査で発見したものだそうです。
土塀

亀山城の外まわりは全て土塀で囲まれていて、その長さは約2.6qもあったそうで、140年ほど前に撮影された写真に見られる土塀の形とつくりをもとに、昔の方法をもちいて復元されたものだそうです。
石垣 石組溝
所在地:三重県亀山市本丸町  交通:JR関西本線・亀山駅より徒歩約12分
多聞櫓の内部見学は、土曜日・日曜日・祝日(12月29日〜1月3日を除く)の10:00〜16:00
メニューに戻る