旧乾邸:内覧会


2004.9.20


建築家・渡辺節氏が戦前に手がけた神戸の洋館・旧乾邸の内覧会が開かれると聞きつけ、行ってきました。

旧乾邸は、海運業で名をはせた実業家、乾新兵衛氏の邸宅として、昭和11(1936)年に建てられた。
その後の所有者が1993年に死去し、1996年に相続税として国に物納されたもの。通常は競売にかけられるところだが、近所の人達や専門家の声に押される形で、保留扱いのまま現在に至っているが、今後の処遇は不透明との事。ぜひ、いつまでも残しておいてほしい建物である。



旧乾邸の外塀 正門前に到着、さてどんな建物だろう?

まずは外観を拝見、うーん実に素晴らしい建物だ 受付:次々と見学者が訪れている

玄関に通じるアプローチの天井 この部分がいい感じ

アプローチの前庭側には列柱が 前庭の水泉

エントランス エントランスホールの壁にかかる陶板画

ホール階段とタペストリー 絵柄は安芸の宮島:広島の知人から送られた物との事

階段横のステンドグラスの窓 真上を見上げると

天井の木部にはぶどうの絵柄が見える 1階ゲストルームのシャンデリア

同ルームの暖炉 暖炉の木部UP:ここにもぶどうの彫刻が

暖炉の囲い
ゲストルーム:ステンドグラスの窓

天井の装飾 ゲストルームから2階への階段

階段手摺の装飾 各所にこんな豪華な彫刻が施されている

建築データ

所在地:神戸市東灘区住吉山手5

建築年:昭和11(1936)年

設計者:渡辺節

施 工:樺|中工務店

構 造:鉄筋コンクリート造2階建 一部木造

敷地面積:3868u

建物面積:約720u
少しづつ色の違う瓦を並べた屋根

メニューへ戻る