奈良:稲渕棚田の彼岸花と案山子

上部の封土が失われて、巨石を積み上げた石室が露出したものといわれている飛鳥の石舞台。

その石舞台古墳から徒歩で20分程の所にあるのが、日本の棚田百選にも名を連ねる稲f渕棚田である。
稲穂が黄色く色付く頃に丁度咲き始めた彼岸花との美しいコントラストを見せてくれます。
そして、この棚田には案山子路(かかしロード)と呼ばれる道がある。「かかし」と言っても昔の蓑傘をつけたようなものではなく、村の団体や個人が創作した現代風の「かかし」達が、訪れた人々の心を和ませてくれます。では、その案山子達のごく一部ですがスライドショーで御覧ください。
 
 
撮影 2008年9月24日
所在地:奈良県高市郡明日香村稲渕 地図

メニューに戻る