城跡探訪・池田城

2011年3月31日 阪急電鉄池田駅から歩いて約15分ほどで「池田城跡公園」前に到着する。勤労者センターの側面通路奥には、何やら城の門らしき物が見えているが、「池田城・池田氏ミニ展示コーナー」と書かれた看板を見て同センター内に入り、まずは予備知識の習得です。
 
摂津の武将と城の分布 池田城は室町時代から戦国時代にかけて、旧豊島郡(現池田、豊中。箕面市周辺)を支配していた池田氏の居城でした。
池田氏は15世紀の中頃から勢力を拡大し、当時の権力者であった摂津守護・細川氏の家臣とし有力な地位を占めていましたが、戦国時代末期の永禄11(1568)年に織田信長の摂津入国により降伏し、信長の家臣に組込まれました。その後、池田氏の内紛に乗じて旧家臣の荒木村重が池田城を支配し、村重が伊丹城を居城としたため、池田城は廃城となりました。
 
池田城・城郭模型 当時の池田城の大きさは東西約330m・南北約550mあり、主郭は城の中心で、天守閣などはなく、城主の屋敷などがあった。
平成元年度から4年度に発掘調査が行われ、建物跡や排水溝などを発掘。また城が廃城になった後に主郭中央に堀が掘られていたことが判明。この掘は、織田信長が荒木村重を攻撃するため、池田城跡に陣を敷いた時に掘られたと考えられているそうです。
 
池田城跡の整備 この跡地整備の基本資料を得る目的で、行われた発掘調査で確認された、枯山水、井戸、虎口(城の出入口)などの遺構を復元。漆喰塀(しっくいべい)や櫓風の展望休憩舎、管理棟などの建物やデザインは史実には基づきませんが、城跡のイメージを演出させるものとしたそうで、「城跡の歴史を感じられる憩いの場」として「池田城跡公園」の整備を進め、平成11(1999)年度に完成したそうです。
 
公園入口にかかる橋と大手門 橋の下は空堀で散策路
 
枯山水
城跡碑(大手門を入った所にある) 井戸
  
サンシュユの奥に展望休憩舎が望める
 
排水溝 虎口
 
展望休憩舎の外観
 
展望階からの景観
 
展望階から芝生広場と礎石群を望む
 
展望階より池・庭園を望む
訪問日 2011年3月31日 
池田城跡公園
所在地 大阪府池田市城山町3
TEL 072-753-2767
入園料 無料
開園時間 4〜10月 9:00〜19:00
11〜3月 9:00〜17:00
休園日 毎週火曜日&年末年始
交通 阪急池田駅から徒歩約15分
春秋には無料観光バスが運行されています
駐車場 なし

メニューに戻る