坐摩(いかすり)神社のあじさい

2012年6月11日

大阪市中央区の坐摩神社にやってきました。坐摩と書いて「いかすり」と読むそうですが、通称は「ざま神社」と呼ばれているそうです。
さて、この神社ですが、この時期境内は「あじさい」の花だらけ・・・という報を確かめにやってきました。
鳥居をくぐると、正面に本殿があり、その本殿に向かってのびる石畳の両側や空き地に「あじさい」の鉢が沢山並べられています。この神社には、これらの杯植えと路地植えの「あじさい」が約20品種・約200本あるそうで、十数年前から、神職の手により育てられているそうです。
本殿の南側にある社務所脇に「上方落語寄席発祥の地」の碑が立っています。解説文によりますと、初代桂文治は寛政年間(1789〜1800)坐摩神社境内に大阪ではじめての寄席を建て、抜群の話芸で名人と称され上方落語の基礎を築き、それまで大道芸に近い芸能だった落語を、室内の高座で演ずる現在の興行形式にあらためたと・・・の事です。
上の碑の前から西に進むと路地植えの「あじさい」が植えられた区域があり、なおも進む先には小さな池が設けられています。あじさいの花の下を数匹の緋鯉が泳ぎまわっています。


この後、本殿前に戻ります。
渦あじさい?
墨田の花火?
かしわ葉あじさい?
ここは高層ビルが林立するビジネス街である
坐摩神社のあじさい
所在地 大阪市中央区久太郎町4-3
見物 無料 境内自由
交通 大阪市営地下鉄本町駅
15番出口から徒歩約3分

メニューに戻る