大阪市立大学付属植物園の椿

この植物園は昭和25(1950)年4月に開園され、大学付属の研究機関として植物の基礎的な研究を行うと共に、植物の収集と保存にも力を注がれています。面積25.6ha・標高40〜120mの敷地内には、いろいろな樹木・花木・草木類などが育てられており、季節の花々の観賞が出来るようにと一般にも開放(有料)されています。
植物園の中ほどにある椿山には360種600本の椿が植えられていて、早いものでは1月〜4月上旬まで観賞可能です。研究用に植えられているためか、変わった品種がたくさんあり、ほとんどの木に名札が添えられていますので、名札と花を見比べて「なるほど」あるいは「何でやねん」とか、茶々を入れながら見てまわれます。難点といえば山の斜面に植えられているため車椅子での見物は無理なようです。

この日は傷んでいる花が多くて、一寸見苦しい写真も存在しますが、いくつか紹介します。
乱拍子(らんびょうし)
 
漣(さざなみ)
 
菱唐糸(ひしからいと)
 
村娘(むらむすめ)
 
別府(べっぷ)
 
日の丸(ひのまる)
 
大関(おおぜき)
 
無類絞(むるいしぼり)
 
唐錦(からにしき)
 
祇園守(ぎおんもり)
 
天人松島(てんにんまつしま)
 
白獅子
 
白小町(しろこまち)
 
不明
 
天の川(あまのがわ)
 

 
花車(はなぐるま)  呼子鳥((よぶこどり)
撮影 2009.3.24
大阪市立大学理学部付属植物園:利用案内
所在地:〒567-0004 大阪府交野市私市2000 地図
電 話:072-891-2059 FAX:072-891-2101
開園時間:09:30〜16:30(入園は16:00まで)
休園日:毎週月曜日(ただし休日の場合は開園)・年末年始
入園料:大人 350円 中学生以下 無料
交 通:京阪電鉄交野線「私市駅」下車、徒歩6分
     またはJR学研都市線「河内磐船駅」下車、徒歩20分
駐車場:有り 普通車500円 マイクロバス1000円
     入口の手前に5〜6台無料で駐車できるスペース有
メニューに戻る