茨木市内の夕焼け−2

2014年8月21日
例年8月といえば、雲一つない青空から灼熱の太陽が照りつけ、時たま入道雲が発生して夕立の雨を降らす・・・という筋書きになるのですが、今年は一寸ちがいます。連日雲が多く、各地で大雨が降ったりして、異常気象と言える夏となりました。そのため夕方になると、夕焼けが結構見る機会に恵まれています。この日も陽が沈みはじめ、ほんのりとした夕焼け空を眺めていましたが、少し目をはなした間に真っ赤に雲に変わっていました。
前回は、ごく一部分の夕焼でしたが、今回は上空の雲までが真っ赤に染まっています。その後、陽が落ちて行くに従って地平線上に赤い帯状の雲がたなびき、みごとな夕焼けとなりました。
視野の狭いカメラでは全てが入りきれないので、パノラマ撮影を試みてみました。
下2枚の画像はクリックで大きな画像を表示します


メニューへ戻る